2022年 1月 23日 (日)

平成はノスタルジーの対象なのか... 違和感噴出した「平成レトロ」、名付け親の胸中は

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「平成レトロ」。今年一年、日本のメディアを駆け巡ったワードだ。チェキ、ルーズソックス、カセットテープなど平成初期に流通したアイテムが若者の間で再流行する中、これらを紹介する言葉として使われた。

   しかし、テレビで特集が組まれるたびに、ツイッター上ではツッコミが続出。「平成がレトロはおかしい」「もっと違う言い方あるやろ」と辛辣な声が相次いだ。

   「名付け親」は、この状況をどう思っているのか。J-CASTニュースは平成文化研究家の山下メロさん(40)に胸の内を聞いた。

  • 「平成レトロ」への辛らつな声、名付け親はどう受け止める?(2021年12月撮影)
    「平成レトロ」への辛らつな声、名付け親はどう受け止める?(2021年12月撮影)
  • 山下さんの事務所にある「ファンシー絵みやげ」コレクション(2021年12月撮影)
    山下さんの事務所にある「ファンシー絵みやげ」コレクション(2021年12月撮影)
  • 「平成レトロ」への辛らつな声、名付け親はどう受け止める?(2021年12月撮影)
  • 山下さんの事務所にある「ファンシー絵みやげ」コレクション(2021年12月撮影)

捨てられる「平成」に危機感抱き考案

   小雨降る2021年12月某日、取材場所に選んだ都内のファミリーレストランに山下さんは現れた。頭に被っていたのは「h」と刺繍された黒いキャップ。平成初期に日本で流行した「dj honda」のアイテムだ。

   1981年生まれの山下さんは、「ビックリマンの外れシール」など、小さい頃から変わったものを集めることが好きだったと話す。大人になると、80〜90年代のアイドルCDやラジカセ、文房具などの収集に夢中になる。今から10年ほど前には、昭和末期〜平成に地方の土産店で売られていた、柔和なタッチのキーホルダーの魅力に惹かれる。

「ネットには情報がないし、今は観光地にもあまり売ってない。普通に集めていたのでは、到底間に合わない。これは、守るべき貴重な『文化』だと思いました」

   強い義務感に駆られ、勤めていた会社を退職。キーホルダーを「ファンシー絵みやげ」と命名し、「ファンシー絵みやげ収集家」として活動を始めた。都内にある山下さんの事務所には、これまで集めた約1万点のファンシー絵みやげが飾られている。

   平成初期のアイテムも精力的に収集していた山下さん。4年前、ある危機感を抱く。

「世間では『平成?今じゃん』と蔑ろにされて、アイテムがどんどん捨てられていました。平成のものを大事にしよう、という文化がなかったんです」

   どうすれば、平成のアイテムが捨てられずに済むのか――。考案したのが、「平成の中にある懐かしさ」を意味する「平成レトロ」という言葉だった。山下さんは「平成レトロ」の言葉とともに、平成初期に流通した商品やサービスの魅力を、メディアを通じて伝えていくことになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中