2022年 1月 26日 (水)

RIZIN八百長疑惑、シバター否定 拡散LINE「騒ぐのは笑い者」「勝ったやつが正しい」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   大みそかの総合格闘技大会「RIZIN.33」で元K-1ウェルター級王者・久保優太(34)に勝利したYouTuber・シバター(36)が2022年1月1日、取り沙汰されている八百長疑惑について「一切のヤラセはございません」と動画上で完全否定した。

   この試合をめぐってはツイッターで、シバターと久保のやり取りとされるLINEのスクリーンショット画像が拡散。それによると、第1ラウンド(R)は時間を潰し、第2Rで「本気で倒しに来て」などとするシバターの提案を、久保が受け入れていた。だが、実際は第1R途中からシバターが攻勢に転じ、勝利していた。

  • シバターのインスタグラム(@jtshibata)より
    シバターのインスタグラム(@jtshibata)より
  • ヒカル(中央)、てんちむ(右から3人目)らに囲まれて勝利を報告するシバター(左から3人目)。シバターのインスタグラム(@jtshibata)より
    ヒカル(中央)、てんちむ(右から3人目)らに囲まれて勝利を報告するシバター(左から3人目)。シバターのインスタグラム(@jtshibata)より
  • シバターのインスタグラム(@jtshibata)より
  • ヒカル(中央)、てんちむ(右から3人目)らに囲まれて勝利を報告するシバター(左から3人目)。シバターのインスタグラム(@jtshibata)より

「1R目は威力加減して2R目は本当のガチで行かせて頂けば良いのですよね!?」

   試合は21年12月31日にさいたまスーパーアリーナで開催。3分2Rで判定はなく、勝敗は1本勝ち・TKOで決するルールだった。

   1R開始早々、久保は距離を詰めてローキックを入れる。対するシバターは、両膝をついて許しを乞う米プロレスラーのリック・フレアーばりのパフォーマンスを見せるなど防戦一方。ところが1分過ぎ、シバターの右フックが入ると形勢逆転する。一気に攻勢に出たシバターが、最後は飛びつきの腕ひしぎ十字固めを決め、1Rで1本勝ちを収めた。

   元K-1王者を破ったYouTuberとして注目を集める中、ツイッターで出回ったLINEのスクリーンショットが禍根を残した。シバターと久保のやり取りとされるもので、シバターは「明日は台本なしでやりましょうか」「これだけお願いなのですが 多分いつでも私を仕留められると思うので 出来れば2ラウンド目に決めてください」「視聴率や、(編注:YouTuberの)てんちむさんにラウンドガールお願いしてたりするので 1ラウンド目はめちゃくちゃ私ふざけるので 1ラウンド目うまく時間潰して 2ラウンド目で本気で倒しに来てください」「私も2ラウンド目は本気で行きます」などと提案している。

   そのLINE上で久保は「明日は台本なしで正々堂々承知致しました!」「1R目は威力加減して2R目は本当のガチで行かせて頂けば良いのですよね!?」などと確認し、シバターは「はい。そんな感じでお願いします」と応じていた。

   LINEが本物であれば、対戦者同士で試合展開を打ち合わせる内容となっており、ツイッターで八百長疑惑が持ち上がった。「これがもし疑惑が明らかになり シバターさんと久保さんのLINEのやり取りが本物であったらシバターさんは格闘技は勿論YouTubeも辞めるべき」などと糾弾する声があがる一方、LINEの内容と試合結果は異なっているため「昨日の試合を見て、わかると思うけど、あれ八百長でもなんでもないガチ試合よ。LINEの通りなら2ラウンドからでしょうよ。久保はシバターに色んな意味でやられただけ」という向きもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中