2022年 1月 23日 (日)

RIZIN八百長騒動、前田日明が怒り シバターの言動に「クズ中のクズ」...久保には「救済」求める

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   格闘家の前田日明氏(62)が2022年1月4日に公開した自身のユーチューブチャンネルの動画に出演し、昨年大みそかに開催された格闘技イベント「RIZIN.33」に出場した久保優太(34)の「救済」を訴えた。

   総合格闘家の久保は「RIZIN.33」でユーチューバーのシバター(36)と対戦し、1ラウンド2分16秒に飛びつき腕ひしぎ逆十字固めを決められ1本負けを喫した。

  • 前田日明氏(写真:アフロスポーツ)
    前田日明氏(写真:アフロスポーツ)
  • 前田日明氏(写真:アフロスポーツ)

「なんか不可解だったんですよね」

   下馬評を覆すシバターの勝利はSNSで大きな話題を呼んだが、試合後に両者の間で交わされたとみられるLINEのやりとりがインターネットに流出し波紋を広げている。

   LINEのやりとりは試合前に行われたとみられ、試合における「約束事」が明記されている。SNSでは「八百長」を疑うファンのコメントが寄せられ、関係者らを巻き込んでの騒動に発展している。

   試合を観戦した前田氏は「最初はやっぱり体重差があるし、でもなんか不可解だったんですよね」と切り出し、率直な感想を述べた。

「1ラウンドで仕留めようと思ったら仕留められるのにボディー攻撃もしないし。ローとカーフとちょんちょんとあって、あとはなんか相手の様子を見てるというかね。1ラウンド、様子を見るまでもないと思ったんですけど。どうなのかなと思って見ていた。そうしたらロープ際で久保君がなんか突っ立ったような感じになった時にポンポンとアゴに2発入って尻もちついてアレアレと思って」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中