2022年 1月 22日 (土)

北朝鮮がミサイル発射、年末誇示していた「核武力完成シンボル」 食糧問題あえぐも軍備増強主張

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   北朝鮮が2022年1月5日朝、弾道ミサイルとみられる飛翔体を日本海に向けて発射した。北朝鮮によるミサイル発射は、21年10月19日の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射以来、2か月半ぶり。

   北朝鮮はコロナ禍にともなう国境閉鎖で食糧事情が悪化。12月27日から31日にかけて開かれた朝鮮労働党中央委第8期第4回総会では、「食糧問題を完全に解決」することが必要だとされた。一方で、国家防衛力の強化や新型兵器開発の重要性も強調されており、この方針に沿って発射が繰り返されている可能性もある。

  • 北朝鮮が弾道ミサイルとみられる物体を発射するのは2か月半ぶりだ(写真は前回21年10月に発射された「火星8」型。写真は労働新聞から)
    北朝鮮が弾道ミサイルとみられる物体を発射するのは2か月半ぶりだ(写真は前回21年10月に発射された「火星8」型。写真は労働新聞から)
  • 北朝鮮が弾道ミサイルとみられる物体を発射するのは2か月半ぶりだ(写真は前回21年10月に発射された「火星8」型。写真は労働新聞から)

岸防衛相「目的がミサイル技術の向上にあることは明らか」

   ミサイル発射は日韓の防衛当局が発表。ただ、両国で内容が微妙に異なっている。日本側の発表では、「弾道ミサイルの可能性があるもの」が8時7分頃、北朝鮮の「内陸部」から東方向に発射された。飛行距離は「通常の弾道軌道だとすれば」という条件付きで、「約500キロ」だとされた。岸信夫防衛相は、変則軌道の可能性や高度については「分析中」だと話した。

   韓国側の発表では、「弾道ミサイルのようなもの」が8時10分、北朝鮮北部で、中国と国境を接する慈江(チャガン)道から東方向に発射されたとしている。北朝鮮が21年9月に初めて発射した極超音速ミサイル「火星8」型も慈江道から発射されたとみられている。

   岸防衛相は1月5日午前、北朝鮮は19年5月以降、約40発のミサイル発射を繰り返しているとして、「その目的がミサイル技術の向上にあることは明らか」だと指摘した。

   1月5日夕時点で北朝鮮メディアは今回の発射について言及していない。ただ、軌道が現時点でははっきりしないことや、韓国側が指摘している発射場所を踏まえると、新型の「火星8」型の改良を進めている可能性もありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中