2022年 1月 23日 (日)

義足で雪道は「スケートリンクを竹馬で歩く感覚」 手足3本失った男が東京大雪で直面した困難

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   20歳の時に右腕と両足を失い、外出時は義足で歩く山田千紘さん(30)にとって、積雪は「天敵」だ。慎重を期さないと転倒するリスクが高い。

   関東を中心に大雪となった2022年1月6日、東京では積雪10センチを観測し、帰宅ラッシュを襲った。この日、仕事で出社していた山田さん。雪が積もる中、どのようにして帰途についたのか。義足で雪道を歩くことには、どんな難しさがあるのか。山田さんが語った。

   【連載】山田千紘の「プラスを数える」~手足3本失った僕が気づいたこと~ (この連載では、身体障害の当事者である山田千紘さんが社会や日常の中で気づいたことなどを、自身の視点から述べています。)

  • 冬の北海道を訪れた時の山田千紘さん
    冬の北海道を訪れた時の山田千紘さん
  • 冬の北海道を訪れた時の山田千紘さん

帰り道、3人の上司が付き添いに

   東京で6日に降った雪は怖かったです。会社全体としては帰宅するようにと連絡が出ていましたが、僕が所属している経理部門は四半期決算の時期。忙しさがピークで、締日の都合があるので容易に仕事をずらせず、この日は出社してしばらく仕事していました。帰ろうとした時、雪は止んでいたけど、道は凍結し始めていました。会社に宿泊してもいいかなと思っていました。

   だけど、都内の自宅に何とか帰ることができました。その時会社に残っていた3人の上司が、帰り道に付き添ってくれたんです。皆さんのほうから「一緒に行く」と言ってくれました。2人は丁度帰るタイミングで、もう1人は「山田帰るか? 俺は会社に泊まるけどコンビニで買い物するから、駅までついていくよ」と言って来てくれました。

   駅までの道は、僕の左前を1人が歩き、肩につかまらせてもらいました。もう1人は僕の正面で道の凍結状態を確認したり、雪を分けてくれたりしながら歩いてくれました。最後の1人は、僕が倒れそうになっても支えると、後ろを歩いてくれました。

   会社の出入り口から駅まで普段は3分、距離は100メートルくらい。それを10分くらいかけて慎重に歩きました。付き添ってもらいながら、テクテクと超小股で。転んだらさらに時間がかかるし、迷惑をかけるので、とにかくゆっくり歩こうと思いました。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中