2022年 1月 28日 (金)

RIZIN八百長騒動で伝説の「高山善廣VSドン・フライ」語る シバターに呆れ声「一緒にするなよ」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   人気ユーチューバーのシバター(36)が2022年1月10日に公開したユーチューブ動画で、昨年大みそかに開催された格闘技イベント「RIZIN.33」における「八百長疑惑」について釈明した。

  • シバターさんのインスタグラムより
    シバターさんのインスタグラムより
  • 高山VSドン・フライ戦(写真:平工幸雄/アフロ)
    高山VSドン・フライ戦(写真:平工幸雄/アフロ)
  • シバターさんのインスタグラムより
  • 高山VSドン・フライ戦(写真:平工幸雄/アフロ)

「あうんの呼吸、暗黙の了解があの2人にあった」

   シバターは「RIZIN.33」で元K-1WORLD GPウエルター級王者・久保優太(34)と対戦。1ラウンド2分16秒に飛びつき腕ひしぎ逆十字固めを決めて1本勝ちを収めたが、試合後に両者の間で交わされたとみられるLINEのやりとりがインターネットに流出し波紋を広げている。

   今回の騒動に関してシバターは、「昨今のプロレスファン、格闘技ファンというのは日本人だからというのがあるかも知れないね。裏を知りたがり過ぎるな」とファン心理を指摘し、格闘技界の「伝説マッチ」を引き合いに出して改めて釈明した。

   シバターは「クリーンにしろとか、真剣勝負だけを俺らは見たいんだとか言うけど、恐らくここに申し合わせとかはなかったかも知れないと思うんだけれども、例えばPRIDEの伝説的な試合、高山善廣、ドン・フライのバチバチの打ち合いみたいな試合があるわけじゃないですか」と切り出し、次のように続けた。

「あれだって俺思うんだけど、お互いに前日のやり取りとかが恐らくないと思うし、談合とか申し合わせはなかったと思うけど、お互いプロレスラーだったからというのが絶対にあったと思う。あうんの呼吸、暗黙の了解があの2人にあったから、あんな伝説の試合になったと思う」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中