2022年 5月 28日 (土)

「デブじゃね?」指摘で9キロ減量 日ハム・清宮幸太郎「驚異の肉体改造」に見た覚悟

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   プロ野球の日本ハム・清宮幸太郎が大減量に成功した。

   さかのぼること2か月前。2021年11月の秋季キャンプで、新庄剛志監督が清宮に声を掛けた。報道によると、新庄監督は「ちょっとデブじゃね?ちょっとやせない?やせた方がモテるよ」と、体重減量を命じていた。

  • 高校時代の清宮幸太郎(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    高校時代の清宮幸太郎(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 新庄監督のインスタグラム(@shinjo.freedom)より
    新庄監督のインスタグラム(@shinjo.freedom)より
  • 高校時代の清宮幸太郎(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 新庄監督のインスタグラム(@shinjo.freedom)より

「変わりたいという思いは本物でしたね」

   これに清宮が「やせてしまったら打球が飛ばなくなるのが怖いです」と胸中を明かすと、「今もそんなに打球飛んでないよ。昔の方がもっと飛んでた。昔の方がスリムじゃなかった?それはキレがあったから。今はちょっとキレがない気がするからやせてみよう」と助言したという。

「あの時は清宮が本気で取り組むか疑問でした。穏やかで選手たちにもかわいがられ、メディアの評判も良いのですが、この世界で成功しようという覚悟がなかなか伝わってこなかった。新庄監督の言葉をどう受け止めるかなと思ったのですが...変わりたいという思いは本物でしたね」(スポーツ紙記者)

   早実で史上最多の高校通算111本塁打をマークし、ドラフトで高校生最多タイの7球団が競合した長距離砲だが完全に伸び悩んでいる。

   昨年はプロ3年目で初の1軍出場なし。イースタンで106試合出場、打率.199、19本塁打、60打点。本塁打王を獲得したが、リーグワーストの113三振と確実性を欠いた。直球に差し込まれ、変化球に泳がされる。変化球が抜けた半速球を捉えているだけでは打率が上がらない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中