2022年 5月 29日 (日)

54歳カズは「1点以上取らないと」「ずっとゼロだから」 セルジオ越後、JFL鈴鹿移籍で辛口激励

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   元プロサッカー選手でサッカー評論家のセルジオ越後氏(76)が2022年1月16日放送の「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」(テレビ東京)にVTR出演し、J2横浜FCから期限付きでJFL鈴鹿ポイントゲッターズに移籍した「キングカズ」三浦知良(54)について言及した。

  • 三浦知良選手(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
    三浦知良選手(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
  • 三浦知良選手(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

「(JFLは)甘くはないですね」

   カズは昨季、自らのJ1最年長出場記録を54歳12日に更新するもリーグ戦出場はこの1試合のみで、プレー時間はわずか1分だった。カップ戦の出場も3試合にとどまり、出場機会を求めて新天地に飛び込んだ。

   番組ではカズの実兄で鈴鹿の監督兼GMである三浦泰年氏(56)とともにJリーグ入りを目指すカズの特集を組み、セルジオ氏はインタビューに応える形でVTR出演した。

   セルジオ氏はカズの移籍の動機について「やっぱり試合に出たいからでしょう」と分析し、「今回、僕は(カズが)三重県に行ってね、かなりランクを落とした。得点する、貢献することを求めて彼らしくチャレンジしようとしてるんじゃないかなと思いますね」と説明した。

   セルジオ氏はカズの心意気を評価しつつも、JFLのレベルについて「甘くはないですね」と断言し持論を展開した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中