2022年 5月 20日 (金)

トミー&奈々に「疑ってごめんなさい」 カムカム視聴者から謝罪続出...高瀬アナも「お許しください」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   NHKの高瀬耕造アナウンサーが、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に関する思い込みを「謝罪」した。

   2022年1月26日、ドラマの前番組である「おはよう日本」エンディングの朝ドラ送りで、高瀬アナは「やっぱりですね、トミーに感謝ですね。何という、いい人だろうと」と感想を述べた。

   「トミー」とは俳優の早乙女太一さん(30)演じるトランぺッターのトミー北沢のことだが、高瀬アナは続けて、「本当、あの、前髪クネ男かと思った私をお許しください。本当にありがとう」と、自らの思い込みを悔いたのだった。

  • オダギリジョーさん(写真:Abaca/アフロ)
    オダギリジョーさん(写真:Abaca/アフロ)
  • オダギリジョーさん(写真:Abaca/アフロ)

謝罪の声は佐々木希さんにも

   「前髪クネ男」とは、13年度前期に放送された朝ドラ「あまちゃん」に登場するチャラさあふれるキャラクターで、勝地涼さんが演じていた。作中では1話だけの登場ながら、常に前髪をいじりつつ腰をくねらせながら歩き回る「非常識キャラ」で、視聴者をドン引きさせたのだった。

   その「前髪クネ男」の名前を出した高瀬アナだったが、というのも、作中のトミーは登場当初こそ、「女は付き合うもんやない。はべらすもんや」などと宣うチャラさ全開のキャラだったものの、トランペットが吹けなくなった大月錠一郎(オダギリジョーさん=45)のために医者を探すべく奔走するなど、その献身ぶりが注目を集めているのだ。

   高瀬アナの「謝罪」に対し、視聴者からは「高瀬アナの朝ドラ送り トミーさんのこと前髪クネ男なのかと思っていた ごめんなさいって」と、爆笑マークを付けつつのツイートがなされるなどしているが、ネット上では別の登場人物に対する「謝罪」も噴出している。

   それは、佐々木希さん(33)演じる笹川奈々に対する「推定有罪」を悔いる声だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中