2022年 5月 26日 (木)

長友佑都は「もう厳しい」 城彰二が日本代表戦を辛辣批評...前半は「本当につまらない試合」

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   サッカーの元日本代表FW・城彰二氏(46)が2022年1月27日に公開したユーチューブ動画で、27日に埼玉スタジアムで行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本対中国戦を分析した。

  • 中国選手を振り切る長友選手(写真:徳原隆元/アフロ)
    中国選手を振り切る長友選手(写真:徳原隆元/アフロ)
  • 中国選手を振り切る長友選手(写真:徳原隆元/アフロ)

「十分評価に値する勝ち点3を奪った」

   日本は前半13分にFW大迫勇也(31)がPKを決めて先制。後半16分にはMF伊東純也(28)が左サイドからDF中山雄太(24)の折り返しを頭で合わせ追加点を奪い2-0で勝利した。

   7大会連続の本戦出場を目指す日本は勝ち点「3」を獲得してグループ2位を死守。2月1日にグループ首位のサウジアラビアと埼玉スタジアムで対戦する。

   城氏は動画冒頭で「2-0は十分評価に値する勝ち点3を奪った」とし、前半戦を振り返りながら日本の課題を指摘した。

   城氏は「左サイドが全く機能しない状況があると思います」と前置きし、「見ていても右サイド、中央という形で起点を作ってそこから展開するという展開が多かった。長友(佑都)選手は頑張っているんだけれどもちょっと厳しいかなと。もうそろそろ厳しくなってきていると思います」との見解を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中