2022年 5月 29日 (日)

「長友佑都はもう厳しい」に元代表持論 本当の問題は「ポテンシャルを最大限出しているかどうか」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

    サッカーの元日本代表MF松井大輔(Y.S.C.C.横浜=40)が2022年1月28日に公開したユーチューブ動画で、27日に行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本対中国戦を振り返り今後の課題に言及した。

  • 中国選手を振り切る長友選手(写真:徳原隆元/アフロ)
    中国選手を振り切る長友選手(写真:徳原隆元/アフロ)
  • 中国選手を振り切る長友選手(写真:徳原隆元/アフロ)

「中国はすごく弱かったというか...」

    中国戦で日本は前半13分にFW大迫勇也がPKを決めて先制。後半16分にはMF伊東純也が左からのDF中山雄太のクロスを頭で合わせ追加点を挙げ、試合は2-0で日本が勝利し勝ち点を獲得した。

    松井は動画の冒頭で「中国はすごく弱かったというか」と切り出し、「アジアなのでしっかり守ってカウンターというところできましたがなんの怖さもなく、4-5-1のブロック組んで4枚がうん。5枚のブロックのところをなかなかね最初は崩すことは出来なかったけどPKもらってそこから中国側のプランがなくなりました」と振り返った。

    中国戦では主将で守備の要であるDF吉田麻也とDF冨安健洋を負傷欠場で欠き、守備面で不安を残しての戦いとなったが、松井は「センターバックの2人がいない中、安定した働きをしたのではないかと思っています」と評価し、「あとスリーボランチというか真ん中の3枚、選手に関しても安定してますね」との見解を示した。

    そして中国戦で後半13分にベンチに下がったDF長友佑都について言及。

    松井は「なんかその長友君が代えた方がいいんじゃないかとか、そういう話はありますけど」と前置きし持論を展開した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中