2022年 5月 28日 (土)

中国代表は「恥の歴史を作った」 ベトナムに屈辱敗戦でW杯消滅...現地メディア失望「考えられない」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選が2022年2月1日に各地で行われ、グループ5位の中国がアウエーで最下位ベトナムと対戦し1-3で敗れた。

   中国は前半9分に先制ゴールを許し、16分に追加点を奪われた。後半に入っても劣勢は続き、後半31分に3点目を決められた。中国は終了間際に1点を返すのがやっとで、グループ最下位のベトナムに完敗した。

  • スタジアムに集結した熱狂的な中国ファン(写真:AFP/アフロ)
    スタジアムに集結した熱狂的な中国ファン(写真:AFP/アフロ)
  • スタジアムに集結した熱狂的な中国ファン(写真:AFP/アフロ)

「李霄鵬監督は試合後に恥の柱に釘付けにされた」

   中国は最終予選8試合を戦い1勝5敗2分けとなり、勝ち点「5」でグループ5位。この日の黒星でW杯出場の可能性が消滅した。

   W杯最終予選で低迷していた中国は昨年12月に李鉄監督(44)が成績不振の責任を取る形で辞任。元中国代表で02年W杯日韓大会に出場した李霄鵬氏(46)が新たに就任し巻き返しを図ったが、日本、ベトナムに連敗し勝ち点を挙げることが出来なかった。

   グループ最下位のベトナムに屈辱的な黒星を喫し、W杯出場を逃したことで複数の中国メディアは代表チームを辛辣に評した。

   ポータルサイト「捜狐」には複数の記事が掲載され、「李霄鵬監督は試合後に恥の柱に釘付けにされた」などの見出しで監督を酷評するものや、最終予選未勝利だった最下位のチーム相手に1-3で敗退したことに「チームは恥の歴史を作った」と厳しい論調で報じる記事もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中