2022年 5月 22日 (日)

沖縄署襲撃で「私は確かに石を投げた」 南城市議の「意味深投稿」が波紋→本人釈明「メタファーだった」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   沖縄県南城市の市議会議員が、沖縄署での投石事件への関与を匂わせるような文書をSNSに投稿していたとして、議会事務局に抗議が寄せられる騒動があった。

   市議は2022年2月2日までに問題視された文書を削除。投稿はあくまで「メタファー」だったとして、「沖縄署前には一度も行っていません」と事件への関与を否定した。

  • 沖縄警察署(C)Google
    沖縄警察署(C)Google
  • 宮城康博氏による1月29日のフェイスブック投稿より
    宮城康博氏による1月29日のフェイスブック投稿より
  • 宮城康博氏による2月2日のFacebook投稿より
    宮城康博氏による2月2日のFacebook投稿より
  • 沖縄警察署(C)Google
  • 宮城康博氏による1月29日のフェイスブック投稿より
  • 宮城康博氏による2月2日のFacebook投稿より

「ひ、比喩表現だよね。。。?だよね?」

   1月27日未明に起きたバイク事故をめぐって、同日深夜から28日未明にかけて若者ら多数が沖縄署周辺に集まり、一部が投石などをする事件が発生した。

   南城市の宮城康博市議は29日、この事件に言及したとみられるフェイスブックの投稿で、警察の対応や報道について持論を展開した。投稿では、

「高校生らは精一杯の抗議をしたし、抵抗・抗議の意思表示をした。それのどこが問題だというのだろうか」
「何が言いたいのかと言うと、今後の進展の中で摘発されるかもしれない高校生らを、私はただただ守りたいと思っている」

とも伝える。そのうえで「言わずもがなかもしれないが、一言発しておく」といい、

「私は昨日、確かに石を投げた。私を捕らえよ!」

と末尾に記した。

   この末尾の一文がネット上で物議を醸すことになった。

   前衆議院議員・丸山穂高氏も30日のツイッターで、内容の真偽を問うような形で、宮城氏の投稿を紹介。ツイッターには、「暴動に参加して石投げたの?」「ひ、比喩表現だよね。。。?だよね?」などの反応があがっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中