2022年 5月 20日 (金)

「懸命に作業していると知っていただきたい」 除雪に苦闘、JR北海道が詳細な「お詫び」出した理由

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2022年2月5日から6日にかけて、北海道札幌市周辺は記録的な大雪に見舞われた。大雪の影響でJR北海道では札幌エリアの列車の運休が丸2日続き、2月8日も始発から列車を運休させて除雪作業が続いている。

   2月7日にJR北海道が公式HP上に掲載した「お詫び」には、除雪が長引いている理由が詳細につづられている。

  • 厚別駅で雪に埋もれた車両(JR北海道発表文書より、以下同)
    厚別駅で雪に埋もれた車両(JR北海道発表文書より、以下同)
  • 留置車両を動かすプロセス。1編成ずつ救出し、また別の編成を除雪することを繰り返す
    留置車両を動かすプロセス。1編成ずつ救出し、また別の編成を除雪することを繰り返す
  • 北広島駅での人力による除雪作業の様子
    北広島駅での人力による除雪作業の様子
  • 厚別駅で雪に埋もれた車両(JR北海道発表文書より、以下同)
  • 留置車両を動かすプロセス。1編成ずつ救出し、また別の編成を除雪することを繰り返す
  • 北広島駅での人力による除雪作業の様子

孤立した車両を人力で救出

   降り続いた大雪で、6日には札幌市で積雪1メートル33センチを観測し、JR北海道では札幌駅を発着するすべての特急と普通・快速列車が運転を見合わせた。雪が止んだ7日以降も除雪作業のため運休が続き、札幌エリアでは札幌市営地下鉄と札幌市電以外のすべての鉄道が止まっている。新千歳空港へのアクセスも札幌市内からのバスに依存している状況だ。

   7日にJR北海道が掲載した「お詫び」は

「『こんなに晴れているのにどうして?』『除雪の備えをしていないの?』という疑問をお客様から多く頂戴しますので、鉄道線路における除雪の特殊性や、2月8日運転再開に向けた弊社の取り組み等を交え、ご回答申し上げます」

   と始まり、Q&A形式で除雪のプロセスが詳細に説明されている。

   今回の豪雪では列車運行中に降雪が激しくなり、途中駅で運転を打ち切った車両はそのまま雪溜まりの中に埋もれてしまった。JR北海道の「お詫び」の説明では17駅に29編成が滞留しており、線路の雪自体は機械でも除雪できるが、車両周辺の雪は人力で除雪しなければならず、1編成ずつ救出し、開通している線路に移していくことを繰り返す手順になるという。

   8日14時時点で手稲~札幌~新千歳空港間の8日夜までの運転再開を目指しているが、同区間の復旧を優先させる理由は手稲駅西方に車両基地があること、札幌~新千歳空港間が道南・道東方面へのアクセスを担っていることから、「除雪に使用する機械、人力、運用する車両には限りがあるため、上記の理由から、優先順位をつけて作業にあたることとしました」と説明している。

   「こんなに度々運休されたらたまらない。JR北海道は降雪対策を全く講じていないのか?」という質問には線路のポイント部分への融雪器への設置や、降雪が多く見込まれる日の運行本数の削減やダイヤ変更を行っていることを説明し、「今冬期は例年以上の降雪となり、対応に苦慮しています。お客様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません」と答えている。札幌圏以外の在来線の運休区間は再開のめどが立っておらず、2月9日以降の再開を目指している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中