2022年 5月 27日 (金)

カムカム「プリウス事件」再び 車窓シーンにツッコミ続々「次はタントかよ笑」

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のワンシーンに、再び視聴者からツッコミが寄せられた。

   物語は1983年の京都が舞台という設定。にもかかわらず、2022年2月17日の放送で、当時は発売されていない軽自動車が映りこんでいた、というのだ。

   「カムカム」をめぐっては、10日の放送でも背景に1983年当時には発売されていないトヨタのプリウスが映り込み、SNSで話題を呼んでいた。

  • 川栄李奈さん(写真:Pasya/アフロ)
    川栄李奈さん(写真:Pasya/アフロ)
  • 「カムカムエヴリバディ」公式ツイッターより
    「カムカムエヴリバディ」公式ツイッターより
  • 川栄李奈さん(写真:Pasya/アフロ)
  • 「カムカムエヴリバディ」公式ツイッターより

車窓の外には...

   17日の放送では、劇中でヒロインのひなた(川栄李奈さん)が路面電車に乗るシーンが放送された。

   前回の「プリウス騒動」の際も、路面電車の窓から車が見えたこともあって、このシーンでも背景に注目した視聴者が多かったようだ。ツイッターには、「また現代の車がないか気になっちゃう」「前のこともあって、車窓からの車気になる」といった声も投稿された。

   こうした視聴者の予想通り、車窓に写る背景には、またもや当時は走っていないとみられる軽自動車の姿が。そのほか、住宅の様子に注目したユーザーもいたようで、ツイッターには、

「車窓から見える車と家が現代やって」
「カムカム、プリウスの次はタントかよ笑」
「ひなたの電車シーン、1983年なのに前回はプリウス映っちゃって、今回は令和の住宅が普通に映る」
「どうしても、ひなたが電車乗ってると周りの景観が気になってしまうよね」

などの呟きが多数寄せられた。

   また「電車のシーン、外の景色に集中してはいけない、いけないよ」「電車のシーンでプリウス探してごめん」と、本編よりも「車窓の外」を気にしてしまう、といった反応も見受けられた。すっかり、ネタとして楽しまれているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中