2022年 5月 22日 (日)

原辰徳→新庄剛志「50分生助言」の目的は 異例交流に見た「2人の共通点」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2022年2月15日に沖縄・那覇で行われた巨人と日本ハムの練習試合の開始前、球界を代表する指揮官とビッグボスのコラボが実現した。

   巨人の試合前練習中、打撃ケージ後方にいた巨人・原辰徳監督に、日本ハム・新庄剛志監督が駆け寄って挨拶した。その様子を巨人の公式YouTube動画で確認すると、原監督は「ウェルカム。できる事なら何でもやるから」と、ビッグボスへの全面協力を約束した。

  • 新庄剛志監督(写真:アフロ)
    新庄剛志監督(写真:アフロ)
  • 新庄剛志監督のインスタグラム(@shinjo.freedom)より
    新庄剛志監督のインスタグラム(@shinjo.freedom)より
  • 新庄剛志監督(写真:アフロ)
  • 新庄剛志監督のインスタグラム(@shinjo.freedom)より

「目指している方向性は一緒だと思います」

   新庄監督が「何も知らないですけど」と教えを請うと、「正義があるから。義があるから。思い切ってやれ」と助言。新庄監督がプロデュースした香水をプレゼントすると、「これをつけて君を思い出すよ」とゲージ裏の「原タワー」に招き入れた。

   2人の指揮官は身ぶり手ぶりも交えながら約50分間、野球談議に花を咲かせた。この様子は、スポーツ紙などのメディアに大きく取り上げられた。

「新庄監督が日本ハムを盛り上げて球界を活性化させることを考えているように、原監督も巨人だけでなく球界全体のことを考えて発信し続けている。過去にセリーグに指名打者制度の導入を提言したのもその一つです。
どうすればプロ野球界が盛り上がるか常に考えている。新庄監督とアプローチの仕方は違いますが、目指している方向性は一緒だと思います」(スポーツ紙記者)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中