2022年 5月 26日 (木)

「この戦、俺がついたほうが勝ちだ」 鎌倉殿の13人・佐藤浩市がまるで芹沢鴨?ワイルド演技に反響

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   俳優の佐藤浩市さんが2022年2月20日放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)に上総広常役で出演。存在感ある演技に注目が集まっている。

  • 佐藤浩市さん(写真:ZUMA Press/アフロ)
    佐藤浩市さん(写真:ZUMA Press/アフロ)
  • 数々の大河ドラマに出演してきた佐藤浩市さん。ツイッター「NHKアーカイブス」(@nhk_archives)より
    数々の大河ドラマに出演してきた佐藤浩市さん。ツイッター「NHKアーカイブス」(@nhk_archives)より
  • 佐藤浩市さん(写真:ZUMA Press/アフロ)
  • 数々の大河ドラマに出演してきた佐藤浩市さん。ツイッター「NHKアーカイブス」(@nhk_archives)より

「どっちにつくか、決めちゃいねぇ。だが...」

   大河ドラマ61作目。舞台は1175年、平清盛(松平健さん)が大権力者として君臨していた日本。主人公の北条義時(小栗旬さん)は、伊豆の弱小豪族の次男に過ぎなかったが、流罪人・源頼朝(大泉洋さん)と姉・政子(小池栄子さん)の結婚をきっかけに、状況が一変。頼朝の右腕として武士の頂点に昇り詰める姿を描く。脚本は、「古畑任三郎」シリーズや大河ドラマ「新選組!」「真田丸」などで知られる三谷幸喜さん。

   佐藤さん演じる上総は、上総・下総(現在の千葉県中~北部)に領地を持つ豪族。2万騎という大群を率いていることから、源氏を率いる頼朝は上総を味方につけたいと考えていた。しかしそれは、敵方である平家方も同じ。義時が上総を説得しに自宅を訪れると、そこには平家方の梶原景時(中村獅童さん)の姿もあった。

   そんな両家を前に、上総は「どっちにつくか、決めちゃいねぇ」とした上で、「だが、ハッキリしていることが1つだけある。この戦、俺がついたほうが勝ちだ」と堂々宣言。「これからは源氏の世」と抽象的な説得をする義時に対して「だから、得はなにかって聞いてんだよ」と乱暴な口ぶりで、具体的なメリットを提示するよう求める。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中