2022年 5月 18日 (水)

羽生結弦の「報われない努力」なぜ心に刺さった? 識者が分析する「五輪名言の共通点」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「報われない努力だったかもしれない」。北京五輪・フィギュアスケート男子シングルで4位に終わった羽生結弦選手(27、ANA)が、2022年2月10日のフリープログラム滑走後に口にした言葉だ。

   SNS上では「すごく胸が痛くなる」「気持ちを楽にしてくれた」と反響を呼び、大手紙も翌日一面でこの言葉を大きく報じた。なぜ、羽生選手の言葉は人々の心に刺さったのか。そこには、過去に「名言」といわれたアスリートの言葉との共通点があった、と識者は見る。

  • 羽生結弦の「報われない努力」はなぜ心に刺さったのか(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    羽生結弦の「報われない努力」はなぜ心に刺さったのか(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 羽生結弦の「報われない努力」はなぜ心に刺さったのか(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

「報われない」繰り返した羽生結弦

   14年ソチ、18年平昌と2大会連続で金メダルを獲得した羽生選手。今回の北京では、男子94年ぶりとなる大会3連覇に期待がかかっていた。

   しかし、8日のショートプログラム(SP)では、冒頭の4回転サルコーで足がリンクの穴にはまり1回転となった。このミスが響き、8位でショートを終えた。滑走後、羽生選手は「氷に嫌われちゃったな」と振り返った。

   10日のフリープログラムでは、前人未到の4回転アクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦。ISU(国際スケート連盟)公認大会として初めて4回転アクセルの認定を受けたものの、ジャンプは失敗に終わった。最終順位も4位となり、表彰台入りを逃した。

   滑走後のインタビューで、羽生選手は言葉を詰まらせ語った。

「一生懸命頑張りました。正直、これ以上ないくらい頑張ったと思います。まあ、報われない努力だったかもしれないですけど。でも...。確かにショートからうまくいかないこともいっぱいありましたけど、むしろうまくいかないことしかありませんでしたけど、一生懸命頑張りました」

   同日には、日本テレビ系五輪メインキャスター・荒川静香さんの取材に「正直悔しいですよ。なんで報われないんだろうなって思いながら、この3日間、ずっと過ごしていました」と思いを吐露。さらにテレビ朝日系の五輪メインキャスター・松岡修造さんの取材にも「努力って報われないなって思いました」と涙ながらに話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中