2022年 5月 17日 (火)

キム・ヨナさん、北京五輪「物議判定」に持論 「信じているスポーツ精神がある」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート韓国代表で金メダリストの金妍児さん(キム・ヨナ、31)が2022年2月23日に放送された韓国放送局SBSの「チュ・ヨンジンのニュースブリーフィング」に出演し、2月20日に閉幕した北京冬季五輪を振り返った。

  • キム・ヨナさん(写真:アフロ)
    キム・ヨナさん(写真:アフロ)
  • キム・ヨナさんのインスタグラムより
    キム・ヨナさんのインスタグラムより
  • キム・ヨナさん(写真:アフロ)
  • キム・ヨナさんのインスタグラムより

韓国選手の失格相次いだショートトラック

   複数の地元メディアによれば、キムさんは「2024江原(カンウォン)冬季青少年オリンピック」の広報大使として出演し、番組はインタビュー形式で進められた。

   キムさんは北京冬季五輪を視聴者の立場から自宅で観戦したことを明かし、フィギュアスケートに韓国から4人の選手が出場したことが感慨深かったと振り返り、幼いころから見てきた選手が五輪に出場する姿を見て何とも言えない満足感があったという。

   番組が終盤に入ると北京冬季五輪の話題に移り、インタビュアーがショートトラックにおいて韓国代表選手が受けた判定について言及した。

   北京大会のショートトラックでは韓国代表選手らの失格が相次ぎ、2月7日に行われた男子1000メートル準決勝では2人の選手が失格となった。

   準決勝に進出した黄大憲(ファン・デホン)と李俊瑞(イ・ジュンソ)が別々の組でそれぞれ1位と2位でゴールしたがレース後に失格の判定を受け、これにより2人の中国選手が繰り上がって決勝に進出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中