2022年 5月 22日 (日)

「1期生や指原さんが作ってくれたHKT48も守りつつ」 地頭江音々、「新しいHKT」に意欲

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   女性アイドルのコピーダンスで日本一の大学サークルを決める大会「ユニドル」の2021~22年冬シーズンの決勝大会が22年2月28日に「アイドルの聖地」として知られる中野サンプラザ(東京都中野区)で開かれた。スペシャルゲストとしてHKT48が登場。HKT48が22年に入って首都圏でパフォーマンスするのは初めてで、「大人列車」「早送りカレンダー」「最高かよ」など代表曲6曲を披露した。

   報道陣の取材に応じた地頭江音々(ぢとうえ・ねね)さん(21)によると、HKT48の楽曲を練習していたサークルもあったといい、「すごく熱くて、すごくリスペクトを感じて...、直接『好き』と言われてるわけじゃないのに、ちょっと恥ずかしくなるような...」。参加チームの熱量に圧倒されていた。

  • 「早送りカレンダー」を披露するHKT48。イベントにスペシャルゲストとして登場した
    「早送りカレンダー」を披露するHKT48。イベントにスペシャルゲストとして登場した
  • HKT48の地頭江音々(ぢとうえ・ねね)さん。グループを代表して取材対応するのは初めてだ
    HKT48の地頭江音々(ぢとうえ・ねね)さん。グループを代表して取材対応するのは初めてだ
  • HKT48はステージで6曲を披露。写真は「12秒」
    HKT48はステージで6曲を披露。写真は「12秒」
  • 「チームH」キャプテンの松岡菜摘さん
    「チームH」キャプテンの松岡菜摘さん
  • 松岡はなさん(左)と宮崎想乃さん(右)
    松岡はなさん(左)と宮崎想乃さん(右)
  • 今村麻莉愛さん(左)と渕上舞さん(右)
    今村麻莉愛さん(左)と渕上舞さん(右)
  • 地頭江音々さんが「最高かよ!」
    地頭江音々さんが「最高かよ!」
  • 5期生の石橋颯(いぶき)さん
    5期生の石橋颯(いぶき)さん
  • 優勝した早稲田大学の「君はトキシック」。全国65チームの頂点になった
    優勝した早稲田大学の「君はトキシック」。全国65チームの頂点になった
  • 優勝した早稲田大学の「君はトキシック」のパフォーマンス。決勝大会では3曲を披露した
    優勝した早稲田大学の「君はトキシック」のパフォーマンス。決勝大会では3曲を披露した
  • 「早送りカレンダー」を披露するHKT48。イベントにスペシャルゲストとして登場した
  • HKT48の地頭江音々(ぢとうえ・ねね)さん。グループを代表して取材対応するのは初めてだ
  • HKT48はステージで6曲を披露。写真は「12秒」
  • 「チームH」キャプテンの松岡菜摘さん
  • 松岡はなさん(左)と宮崎想乃さん(右)
  • 今村麻莉愛さん(左)と渕上舞さん(右)
  • 地頭江音々さんが「最高かよ!」
  • 5期生の石橋颯(いぶき)さん
  • 優勝した早稲田大学の「君はトキシック」。全国65チームの頂点になった
  • 優勝した早稲田大学の「君はトキシック」のパフォーマンス。決勝大会では3曲を披露した

「若手というか、これからのメンバーが引っ張っていかなきゃいけない」

   地頭江さんは、HKT48に加入する前からアイドルのダンスをコピーして踊ること(振りコピ)が好きで、「その気持ちわかる」「この曲で盛り上がる」「この曲とこの曲を一緒に踊りたい」といった参加チームと同じ気持ちを持っていると説明。「『頑張れ』という気持ちでいっぱい」で、「思い残すことなくやりきって欲しい」とエールを送っていた。

   いわゆる「囲み取材」など、グループを代表して発言するのは1期生(11年デビュー)でキャプテンの松岡菜摘さん(25)や本村碧唯(あおい)さん(24)が多いが、今回は初めて4期生(16年デビュー)の地頭江さんが対応。地頭江さんは、この日のステージでも6曲中2曲でセンターポジションを務めるなど、「グループの顔」の世代交代が鮮明になりつつある。

   HKT48は22年4月からコンサートツアーを控えており、「それをまずは成功させたい」。新曲が発売されるたびに「若手というか、これからのメンバーが引っ張っていかなきゃいけないな、というのをすごく感じている」として、

「これまでの1期生さんたちや指原(莉乃)さん(29=19年卒業)が作ってくれたHKT48も守りつつ、新しいHKT48を見せていける1年になったらいい」

と意気込んだ。HKT48は20年春に運営体制が一新され、本拠地の福岡や九州に関連する活動が増えている。地頭江さんは

「最近は福岡での番組だったり露出が増えてきたので、もっと福岡を盛り上げていけたら」

とも話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中