2022年 5月 28日 (土)

「初めてドラマで憧れなかったキスシーン笑」 ファイトソング「キスの場所」に視聴者ツッコミ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   俳優の清原果耶さんが主演を務めるテレビドラマ「ファイトソング」(TBS系)第8話が2022年3月1日に放送され、キスシーンをめぐってツッコミの声が多くあがっている。

  • 清原果耶さん(写真:アフロ)
    清原果耶さん(写真:アフロ)
  • 清原果耶さん(写真:アフロ)

芦田の「今から会えないかな?」との誘いに花枝は...

   「ファイトソング」は2017年放送の朝ドラ「ひよっこ」(NHK)や2012年放送のドラマ「最後から二番目の恋」(フジテレビ系)などで知られる脚本家・岡田惠和さんオリジナル作品。不慮の事故で空手日本代表の夢を諦めたヒロイン・木皿花枝(清原さん)と芦田春樹(間宮祥太朗さん)、花枝に片思いする幼なじみ・夏川慎吾(ジャニーズグループ「Sexy Zone」菊池風磨さん)の三角関係を描いた恋愛ドラマ。

   ※以下、ネタバレを含みます。

   耳の手術を数日後に控え、芦田との「恋への取り組み」も終わりを迎えようとしていた。日に日に花枝への思いが募る芦田は、なぜ花枝が取り組みの「期限」にこだわるのか、その理由が気になるが聞けず...。一方の花枝も伝える気はないようだ。

   そんな夜、芦田から急に「今から会えないかな? ほんのちょっとでいいから会いたい」と電話が。戸惑う花枝だが、芦田から「会ったら、いいフレーズ... が、浮かぶ気がするんだよね」と念を押され、都合のいい理由にツッコミつつも身支度を始める。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中