2022年 5月 18日 (水)

号泣事件の久慈アナはバラエティーで通用するのか 識者に聞いた「フジ退社後の展望」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   フジテレビの久慈暁子アナウンサー(27)が、バラエティー番組の収録中に涙を流してしまった。2022年2月26日放送「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)での、お笑いコンビ「鬼越トマホーク」からのツッコミをめぐる一幕だ。

   久慈アナは4月にフジテレビを退社することをすでに発表しており、その後はフリーアナウンサーになるとの報道もある。今回の号泣事件を見た視聴者からは、本人のフリー化後を懸念する声がツイッターに出ている。

  • 久慈暁子アナウンサーのインスタグラムから
    久慈暁子アナウンサーのインスタグラムから
  • 久慈暁子アナウンサーのインスタグラムから

ツッコミで泣いてしまってはフリー化後が思いやられる!?

   26日の番組で、鬼越トマホークの鉄板ネタであるケンカ芸の仲裁者に指名された久慈アナ。つかみ合いを始めた坂井良多さん(36)と金ちゃん(36)に対し、「ケンカはやめてください!」と一喝。これに対し、坂井さんが「うるせえなあ! お前が辞めてもフジテレビに1ミリもダメージねえからな!」と返すと、久慈アナの目にはみるみるうちに涙があふれた。

   すぐさま異変を察知した鬼越トマホークら出演者が久慈アナを励まし、事態は何とか沈静化。しかし、これを見た視聴者からは、「切り返しができないようではバラエティーには不向き」など、本人の将来を心配する声がツイッターに上がる事態となった。

   そこで、J-CASTニュース編集部は女性アナウンサーに詳しいライターの松本京也氏に、久慈アナは退社後、フリーアナウンサーとしてバラエティー番組への出演に堪え得るかなどについて意見を聞いた。

   まず、松本氏は、ネット上の「泣いてしまってはバラエティーでは通用しない」という指摘は必ずしも絶対ではないと指摘する。

「『泣いてしまう』という点を逆手にとって、『泣きキャラ』になってしまうという手があります。昔はバラエティーに出た際に泣いてしまう女性アナウンサーはたまにいましたが、今は見つけるのが非常に難しい状況なので、キャラにまで高めてしまえば逆に強みになります」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中