2022年 5月 23日 (月)

「こんな急速に成長していいんですか」 オープン戦首位の新庄ハム、球団OBも驚く若手の活躍

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球日ハムの元投手で野球解説者の岩本勉氏(50)が2022年3月6日にユーチューブへ投稿した動画で、6日に行われた日ハム対巨人のオープン戦を分析した。

   日ハムは6日に札幌ドームで巨人と対戦し4-1で快勝した。初回に2点を先制し、5回と8回にそれぞれ1点を追加。この日は5人の投手がマウンドに上がり、巨人打線を6安打1失点に抑えた。

  • 新庄ビッグボス(写真: アフロ)
    新庄ビッグボス(写真: アフロ)
  • 新庄ビッグボス(写真: アフロ)

「ファイターズの投手陣、結果出ている」

   岩本氏は動画の冒頭で先発のマウンドに上がった宮西尚生投手(36)について言及。宮西は1イニングを投げ、打者3人に対して16球、無安打無失点で勝利投手となった。

「宮西投手が長いインニングを投げることはまずは考えられない。その中でショートスターター、オープナーの役割でしっかりその仕事を。1イニングだけども16球で。フォアボールこそひとつあったけどもダブルプレーでしっかりと試合をスタートさせた。ナイスピッチングやね。どこでも投げることが出来るピッチャーということを改めてみなさんに表現出来たと思う。心強いね」

   この日は2番手にベテラン金子千尋(38)、3番手には支配下登録を目指す古川侑利(26)がマウンドに上がった。8回からマウンドに上がった4番手・堀瑞輝(23)が巨人・大城卓三捕手(29)にソロ本塁打を浴びたが試合を通じて失点はこの1点のみ。岩本氏は「ファイターズの投手陣、結果出ている」と評価した。

   一方の打撃陣では、本塁打を放った今川優馬外野手(25)と万波中正外野手(21)の活躍ぶりを称賛した。今川は5回にオープン戦2号となるソロをレフトスタンドへ。万波は8回にバックスクリーンに飛び込むソロ本塁打を放った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中