2022年 5月 22日 (日)

ちいかわ「鬱展開」にファン阿鼻叫喚 放送するめざましテレビには「とばっちり」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   人気ウェブ漫画「ちいかわ」の最新話が2022年3月9日に公開された。ある演出によって、情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)がまさかの「とばっちり」を受ける事態となった。

   心が折れたような主人公の様子に、読者から「鬱展開」「地獄じゃん...」などの声が出ている。

  • めざましテレビ公式ツイッター(@cx_mezamashi)より
    めざましテレビ公式ツイッター(@cx_mezamashi)より
  • めざましテレビ公式ツイッター(@cx_mezamashi)より

ちいかわ、心が折れる

   漫画「ちいかわ」は同名のキャラクターと「ハチワレ」や「うさぎ」などの生活を描いた作品だ。小さくて可愛らしいキャラクターが登場する反面、突如として災難がふりかかるような厳しい世界観を持ち合わせる。

   作品はイラストレーターのナガノさんがツイッターで公開しており、公式ツイッターは93万超のフォロワーを集めるなど人気を博す。これまでに数々のキャラクターグッズが発売されているほか、展覧会などが開催されてきた。

   話題となっているのは、1月末ごろから続く漫画の展開だ。

   話の大筋は"「黒い流れ星」に願い事をすると、叶うが「やな気持ち」になる"という噂話が実現するというもの。小さな「星」の力によって、ちいかわだけが記憶を持ち越したまま特定の1週間をループすることになる。

   ちいかわは3周目のループに突入する際に「星」の存在に気付く。「星」は牧歌的な日々を繰り返して幸せだろうというように訴えるが、未来が閉ざされた状況にちいかわは激しい抵抗を示し、号泣。仲間に事情を伝えて共に解決を図る。

   しかし、抵抗むなしく4周目が始まる。3月5日には涙を流して微笑むちいかわのイラストも投稿された。

   ファンらの不安が募るなか、9日に最新話が公開となった。何周目か明示されていないが、ループは続いているようだ。ちいかわは「キャァー...ハハ」と壊れたように笑い声をあげたきり、ハチワレやうさぎの呼びかけに答えず泣いている。

   かつてないほど精神が追い詰められたような様子のちいかわに、ツイッターでは「ちいかわ、鬱展開すぎる」「地獄じゃん...」などの感想が寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中