2022年 5月 23日 (月)

「原作知ってるのに泣いた」 ミステリという勿れ、門脇麦の「切なすぎる一言」に視聴者感涙

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   俳優の門脇麦さんが、2022年3月14日放送のドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)第10話で見せた演技が反響を呼んでいる。

  • 門脇麦さん(写真:2020 TIFF/アフロ)
    門脇麦さん(写真:2020 TIFF/アフロ)
  • 門脇麦さん(写真:2020 TIFF/アフロ)

ライカの出自、辛い過去が明らかに

   原作は、作家・田村由美さんによる同名漫画。菅田さん演じるボリューミーな天然パーマが特徴的な大学生・久能整(菅田将暉さん)は、友達も彼女もいない「変わりモノ」。記憶力と観察力に長けており、自身の見解を淡々と述べることで事件や人の悩みを解きほぐしていく...という新感覚ミステリーだ。

    ※以下、ネタバレを含みます

   門脇さん演じるライカは、両親を失い精神科に入院している女性。整とは病院で知り合い、これまでいくつものミステリを共有、互いに惹かれあってきた。しかし今回、ライカは自身が解離性同一性障害であることを告白。千夜子という女性の「別人格」の一人であることを明かす。

   ライカという人格が生まれた経緯について、父親からの性的虐待が原因と説明。「私は、千夜子の痛みを引き受けるためだけに生まれて来たんだ」と自身の存在意義を話し、ただ千夜子の幸せを願っているとした。

   しかし、この春から里親が決まり、千夜子が千夜子として生きることに挑戦。ライカは千夜子を見届けて自分は消えるのだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中