2022年 5月 28日 (土)

カムカム「絶妙キャスティング」に反響 32年後の勇&雪衣に「声似てる」「連続性感じる」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のキャスティングについて、視聴者から絶賛の声が上がっている。

   2022年3月16日の日の放送では、二代目ヒロインの大月るい(深津絵里さん=49)が家族を連れて、初代ヒロインの橘安子(上白石萌音さん=24)の嫁ぎ先である岡山の雉真家に帰省する。

   その雉真家では安子の夫で戦死した雉真稔の弟・勇とその妻・雪衣が再登場し、大月一家を迎えたが、勇を演じた俳優の目黒祐樹さん(74)と多岐川裕美さん(71)に対し、「雉真夫妻の晩年キャスティングが見事すぎる」といった声がツイッターに上がった。

  • 深津絵里さん(写真:Visual Press Agency/アフロ)
    深津絵里さん(写真:Visual Press Agency/アフロ)
  • 深津絵里さん(写真:Visual Press Agency/アフロ)

「村上虹郎くんが続投なの?!と一瞬ビックリ」

   同作では初期の岡山編で、勇は村上虹郎さん(24)が、雪衣を岡田結実さん(21)が演じていた。32年の時を経た雉真家に暮らす2人にキャスティングされたのは目黒さんと多岐川さんだった。

   雉真家の屋敷前に到着し、その大きさに圧倒される三代目ヒロインの大月ひなた(川栄李奈さん=27)が驚きの声を上げていると、それに気付いた勇は屋敷の門をくぐって大月一家の前に登場。笑顔で一家を招き入れるが、その際の表情は年を重ねたことが分かるしわの多さも相まって、実に柔和なものだった。長い時間が空いたことを何ら責めず、るいを温かく迎える勇を演じた目黒さんに対しては、

   「雉真家の玄関先で聞いた声に勇ちゃん役は村上虹郎くんが続投なの?!と一瞬ビックリして、でも出てきたのは目黒祐樹さんでさらに驚いた。2人の声がすごく似てる。顔や体型ではなく声に寄せてきたキャスティングが絶妙すぎて最高」

といったツイートが上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中