2022年 5月 16日 (月)

「カムカム」安子の再登場間近? 「奇跡の対面」回で現れず...ファンの期待膨らむ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2022年3月18日放送の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(NHK)。お盆の日をめぐる展開を受けて、視聴者の間で「ある説」が浮上している。

  • 上白石萌音さん(写真:アフロ)
    上白石萌音さん(写真:アフロ)
  • 上白石萌音さん(写真:アフロ)

るいが亡き父と対面し、アメリカ行きを決意する

   俳優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが3世代ヒロインを演じる同作。ラジオ英語講座を題材に、100年にわたる家族の物語をハートフルに描く。

    ※以下ネタバレを含みます。

   ある年の盆の日。岡山の実家へ一家で里帰り中のるい(深津さん)は、父・稔(「SixTONES」松村北斗さん)の戦死を知った安子(上白石さん)が泣き伏せた神社へ。

   お祈りをささげ、ふと横を見ると、なぜか稔が立っていた。驚きつつも「お父さん...お父さんですか?」と話しかけると、稔は「どこの国とも自由に行き来できる、どこの国の音楽でも自由に聴ける、自由に演奏できる...」と言ってるいの方に向き直り「るい」と名前を呼ぶ。「お前はそんな世界を生きとるよ」と穏やかに語る。

   一方のひなた(川栄さん)は、るいが使っていた部屋からラジオの英語講座のテキストを見つける。声に出して例文を読んでいると、突然「英語のお勉強ですか? ご精が出ますね」とある男性に優しく声をかけられる。実はこの男性は、ラジオ英語講座の講師を務めていた平川唯一さん(さだまさしさん)。英語がなかなか上達しないと嘆くひなたに対し、平川さんは「み~んな英語の赤ちゃんなんですから」とフォローし、自然に覚えられるだけを続けていくことが大事だと説く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中