2022年 5月 23日 (月)

ウクライナ侵攻でプーチン大統領を「全面支持」 ロシア選手を国際チェス連盟が満場一致で処分

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   国際チェス連盟(FIDE)は2022年3月21日、ロシアのチェスプレイヤーでグランドマスターのセルゲイ・カヤキン(32)に6カ月間の資格停止処分を科したことを発表した。

   同連盟は公式サイトで声明文を公開し、カヤキンのSNSでの発言が倫理規定に違反し、チェス競技の評判を落としたとして懲戒委員会が満場一致でカヤキンの処分を決定したとしている。

  • セルゲイ・カヤキン(写真:ロイター/アフロ)
    セルゲイ・カヤキン(写真:ロイター/アフロ)
  • ベルニャエフ選手のインスタグラムより
    ベルニャエフ選手のインスタグラムより
  • セルゲイ・カヤキン(写真:ロイター/アフロ)
  • ベルニャエフ選手のインスタグラムより

ロシアの利益守るために支持

   カヤキンの処分について複数のロシアメディアが報じており、日刊全国紙「コメルサント」(WEB版)は、カヤキンがSNSを通じてロシアによるウクライナへの軍事侵攻を支持したことで22年に開催される最も重要なトーナメントに出場できなくなったと伝えた。

   記事によると、カヤキンはこれまでにSNSで、ロシアの利益を守るためにプーチン大統領を全面的に支持することを表明したという。

   また、カヤキンの処分を報じたロシア・スポーツメディア「SPORT24」(WEB版)は、カヤキンに加えて、体操選手のイワン・クリアク(ロシア)についての残念なニュースがまもなく届くかもしれないと伝えた。

   同メディアは、3月5日にドーハで行われた体操種目別ワールドカップ(W杯)に出場したクリアクが、表彰式で「Z」マークが入ったユニフォームを着用したことにより1年間の出場禁止になる可能性を指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中