2022年 5月 17日 (火)

タモリ「異例の沈黙」はなぜ称賛されたのか 背景に「視聴者の不満」識者が指摘

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   タレントのタモリさんは2022年3月18日放送の報道特番「タモリステーション」(テレビ朝日系)に出演した。自身の冠番組でありながら番組中ほとんど言葉を発さず。それにもかかわらず、放送後にはネット上で称賛の声が相次いだ。

   識者は、ワイドショーなどで「的外れ」なコメントをする芸能人コメンテーターに不満を持つ視聴者にとって「沈黙を貫くタモリさんの態度はひときわ誠実なものに見えたのでしょう」と分析する。

  • 冠番組での「無言」が称賛集めたタモリさん(2015年撮影)
    冠番組での「無言」が称賛集めたタモリさん(2015年撮影)
  • 冠番組での「無言」が称賛集めたタモリさん(2015年撮影)

「チャンネル間違えたかと思った」

   「タモリステーション」はタモリさんをMCに据え、旬な話題を掘り下げる特別番組だ。22年1月28日に放送された第1回では、米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手を特集。タモリさんは少年時代の憧れだったという福岡ソフトバンクホークス・王貞治会長と共演し、積極的に質問をぶつけていた。

   3月18日放送の第2回では「~欧州とロシアの狭間で ウクライナ戦争の真実~」と題し、緊迫化するウクライナ情勢を特集。ロシアによる侵攻の背景やウクライナの現状を専門家の解説とともに、生放送で掘り下げるという触れ込みだった。

   太平洋戦争終戦直後の1945年8月22日に生まれたタモリさん。教養バラエティ「ブラタモリ」(NHK総合)では、毎回豊富な知識で専門家を驚かせているだけに、どんなことを語るのか注目されていた。

   しかし、タモリさんは番組冒頭であいさつを終え、ポーランドで取材する大越健介キャスターを「気をつけて取材してください」とねぎらった後、一切無言に。番組では現地ウクライナの映像や軍事の専門家による解説、各国からのリポートなどが放送されたものの、それにタモリさんが口をはさむことはなかった。

   約2時間の生放送が終わろうとしている頃、テレビ朝日・大下容子アナウンサーからコメントを求められると、タモリさんはようやく口を開いた。

「こうしている間も、大勢の人がウクライナで亡くなっているわけですね。というより、殺されているわけですから...色々ありますけど、一日も早く平和な日がウクライナに来ることを祈るだけですね」

   冠番組にもかかわらず、ほとんど口を開かなかったタモリさん。ツイッター上の視聴者からは「タモさん一言も喋ってない」「タモさんはなんでおるん?」「チャンネル間違えたかと思った」と困惑の声が聞かれていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中