2022年 5月 28日 (土)

巨人V奪還のカギは「原監督の我慢」? 打線の命運握る男・丸佳浩の「正しい起用法」とは

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   きょう2022年3月25日、プロ野球が開幕する。12球団を見渡すと、先発ローテーション陣の顔ぶれがガラリと変わったのが巨人だろう。

   エース・菅野智之、メルセデスが当確で、ドラフト3位の赤星優志、3年目右腕・堀田賢慎、2年目右腕・山崎伊織はオープン戦でアピールして先発枠に入った。残りの1枠は、2年連続9勝の戸郷翔征が有力視されている。

  • 原辰徳監督(写真:AP/アフロ)
    原辰徳監督(写真:AP/アフロ)
  • 原辰徳監督(写真:AP/アフロ)

先発陣の顔触れは「不安が大きい」

「昨年の成績を見れば高橋、戸郷は先発に入らなければいけない投手ですが、春季キャンプからなかなか状態が上がってこなかった。赤星、堀田、山崎とそれぞれいい投手ですが1軍登板経験がなく、未知数な部分が多い。菅野もオープン戦では不安定な投球内容が続いている。正直この陣容は不安が大きいですね」(スポーツ紙記者)

   打線もポランコ、ウォーカーの両外国人が加入した以外は昨年と大きな変動はなさそうだ。若手の成長株で期待された高卒2年目コンビの秋広優人、中山礼都はオープン戦で結果が残せず3月18日に2軍合流した。

   心配なのは主力の状態が上がっていないことだ。リードオフマンとして期待された松原聖弥は精彩を欠き、オープン戦では下位を打っていたが結果を残せず2軍で調整期間を経て、1軍に再び戻ってきた。丸佳浩も19打席連続無安打で一時は8番降格も命じられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中