2022年 5月 23日 (月)

内田篤人氏の「着眼点がすごい」 W杯出場決めた豪州戦「勝因分析」が反響「一番印象に残った」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   サッカーの元日本代表DF内田篤人氏(33)が2022年3月24日に行われたW杯アジア最終予選を放送した動画配信サービス「DAZN」でゲスト解説を務め、独特の視点から日本の勝因について言及した。

  • 内田篤人氏(写真:つのだよしお/アフロ)
    内田篤人氏(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 内田篤人氏(写真:つのだよしお/アフロ)

内田氏「あぐらかいてましたよね」

   日本はアウエーでオーストラリアと対戦。前半を0-0で折り返し、後半途中出場のMF三笘薫(サンジロワーズ、24)が終了間際に2得点を挙げ2-0で勝利した。

   アウエーで勝ち点「3」を奪った日本は、最終戦のベトナム戦(3月29日・埼玉スタジアム)を残して7大会連続7度目のW杯出場を決めた。

   試合終了直後に実況アナウンサーから試合の感想を求められた内田氏は「疲れましたね」と率直に胸の内を明かし、次のように続けた。

「でもやっぱりこうやってみんなのやり切った笑顔を見てもそうだし、途中オーストラリアのベンチ映りましたよね。あぐらかいてましたよね。なんかそれ見て日本、その後の日本のベンチ見てもチームというか、ひとつのそういうところで差が出たりするのかな。終わってみればですけど。そういう感じもしますね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中