2022年 5月 18日 (水)

射程伸びたのは軽くしたから? 北朝鮮「新型ICBM」発表に「フェイク」の可能性

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   北朝鮮が2022年3月24日に発射し、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」型だと主張しているミサイルは、実は既存のICBMを発射したに過ぎないとの見方が韓国で出ている。

   北朝鮮は13年の中央委総会で、核開発と経済建設の「並進路線」を打ち出し、17年に「火星15」の発射に成功したとして「国家核戦力の完成」を宣言。18年4月には核実験とICBMの発射中止を表明していた。仮に今回発射されたミサイルが新型でないとすれば、自国の技術を偽装してでも瀬戸際外交への回帰を急いでいるとも言えそうだ。

  • 北朝鮮が「火星17」の発射シーンだとして公開した映像。実際には「火星15」だったという指摘が出ている(写真は朝鮮中央テレビから)
    北朝鮮が「火星17」の発射シーンだとして公開した映像。実際には「火星15」だったという指摘が出ている(写真は朝鮮中央テレビから)
  • 北朝鮮が「火星17」の発射シーンだとして公開した映像。実際には「火星15」だったという指摘が出ている(写真は朝鮮中央テレビから)

「17」のエンジンノズルは4つなのに「火星15型と同様に2つであることを確認」

   北朝鮮がICBMを発射したと主張するのは、17年11月の「火星15」以来、約4年半ぶり。北朝鮮の発表によると、「15」は高度4475キロまで上昇し、950キロ飛行した。日本側の分析でも、高度は約4000キロ、1000キロにわたって飛行したとみている。高い角度で打ち上げて飛距離を抑える「ロフテッド軌道」をとったとみられ、専門家は

「これら(飛距離と高度)が正しく、もしロフテッド軌道ではなく通常軌道で発射されたとしたら、ミサイルの射程は1万3000キロ以上だろう」

として、

「ワシントンDCや、実際に米国全土に届くのに十分だ」

とみていた。

   これに対して「17」は、北朝鮮側の発表によると、高度は6248.5キロ、飛距離は1090キロ。日本側も最高高度6000キロ、飛距離1100キロ超と分析している。北朝鮮は「周辺国家の安全を考慮してロフテッド軌道で行われた」と発表。日本政府は、仮に通常軌道で発射した場合は1万5000キロを超えるとみている。こういった経緯から、岸信夫防衛相は3月25日朝の記者会見で、「17」を

「これまでの一連の発射とは次元の異なる、わが国、地域及び国際社会の平和と安定に対する深刻な脅威」

と述べた。

   ただ、3月27日になって、「米韓当局の分析」として、こういった前提に疑問符をつけるような報道が韓国で相次いでいる。「17」は20年10月の軍事パレードで初公開され、その時点でエンジンノズルが4つあることが分かっている。だが、聯合ニュースによると、今回発射されたICBMについて「火星15型と同様に2つであることを確認」。17年よりも弾頭を軽くして「15」を発射し、「17」が飛んだかのように偽装した可能性を指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中