2022年 5月 25日 (水)

「5000万円超」ヒカルが手掛けた秋葉原カード店、コロナ禍で閉店へ 店長語った「最大の問題」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   YouTuberのヒカルさんが手がけた日本最大規模のトレーディングカードショップ「遊楽舎 ヒカル店」が2022年5月末に閉店することを3月30日、同店公式サイトで発表した。

  • ヒカルさん。インスタグラム(@tadanokarisuma)より
    ヒカルさん。インスタグラム(@tadanokarisuma)より
  • ヒカルさん。インスタグラム(@tadanokarisuma)より

「はっきり言ってしまうと、コロナです」

   「遊楽舎 ヒカル店」は、ヒカルさんが地元の兵庫県で活動していた頃から懇意にしていたという姫路のカードショップ「遊楽舎」の店長とタッグを組み、東京・秋葉原にオープンしたトレーディングカードショップだ。オープンに際し、ヒカルさんは20年3月当時の動画で「5000万円を超えるレベル」のお金が必要と話していた。

   店舗は20年7月、ソフマップAKIBA アミューズメント館内にオープン。トレーディングカードなどに加え、オリジナルグッズやヒカルさんが手がけるアパレルブランド「ReZARD」のアイテムも販売してきた。

   オープン初日の売り上げは390万円以上と盛況だったものの、その後約2年での幕引きとなった。

   遊楽舎店長が22年3月30日、「遊楽舎ちゃんねる」に動画を公開し、「遊楽舎 ヒカル店」閉店とその理由について語っている。

「ヒカル君・ソフマップさん・事務所、これらの方々と相談し協議を重ねた結果、『遊楽舎ヒカル店』は、継続しないという運びになりました」

   閉店の大きな原因は、新型コロナウイルスの感染拡大によるものだとした。

「はっきり言ってしまうと、コロナです。ヒカル店がオープンしたのは2020年7月になるんです。本来のオープンは7月ではなく5月だったんです。なぜ7月になったのかというと、コロナです」

   2020年4月に発令された緊急事態宣言の影響で、本店である姫路花田店も休業していたという。「繁忙期にあたる4月、ゴールデンウィークを含む5月に休業したのは初めて」だったとした。

   スケジュールの兼ね合いでオープンを7月に決めたものの、緊急事態宣言下では十分な準備ができなかったとして、反省を口にした。

「正直なところ、もっと私、しっかりとした準備はしたかったんです。オープンした当初なんですけれども、品揃えがあまり良くなかったのは多くの視聴者の方にツッコまれた通り。オープンのための準備が、時間はあったんだけれども、時間を生かすことがコロナの影響でできなかった」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中