2022年 5月 29日 (日)

「なっさけない」闘莉王、ベトナム戦ドローを辛辣批評 川島・原口には「もう代表ありがとう」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

    サッカー元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏(40)が2022年3月30日にユーチューブチャンネルを更新し、W杯アジア最終予選のベトナム戦を辛辣批評した。日本は3月29日にホーム埼玉スタジアムでグループ最下位のベトナムと対戦し1-1の引き分けに終わった。

  • 田中マルクス闘莉王氏(写真:Maurizio Borsari/アフロ)
    田中マルクス闘莉王氏(写真:Maurizio Borsari/アフロ)
  • 田中マルクス闘莉王氏(写真:Maurizio Borsari/アフロ)

「先発した新しくチャンスを頂いた人たちに問題がある」

    3月24日のオーストラリア戦から先発9人を入れ替えて臨んだ日本は前半20分、コーナーキックから先制を許した。後半9分に主将・DF吉田麻也(33)のゴールで同点に追いつくもその後得点を奪うことが出来ず、ホームでの最終戦を白星で飾れなかった。

    闘莉王氏は司会にベトナム戦の率直な感想を求められると、「ベストメンバーを出しなさいと。そこから始まっていれば必ず3点ぐらいは取れたはずなのに」とぼやきながら次のように続けた。

    「やっぱビハインドから始まると雰囲気がどんどん悪くなり期待していた大量得点、全然取ってくれない。埼玉スタジアムに来た人たちに本当に申し訳ないと思ってます」

    ベトナム戦では前試合から大幅にメンバーを入れ替えて臨んだが、闘莉王氏は森保一監督(53)に理解を示しつつ先発出場の機会を得た選手らの不甲斐ないプレーを嘆いた。

    「先発した新しくチャンスを頂いた人たちに問題がある。悪いけど最下位のベトナムに自分たちのホーム、魔法のスタジアムと呼んでもおかしくない埼スタでなっさけないパフォーマンスを見せた。正直なところちょっとがっかりした」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中