2022年 5月 24日 (火)

Eテレ「にほんごであそぼ」大幅リニューアルに視聴者困惑 「変わりすぎててショック受けた」

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   2022年4月から放送20年目に突入したEテレの長寿番組「にほんごであそぼ」(毎週月曜~水曜8時25分)のリニューアルに衝撃が走っている。

   日本の伝統芸能を紹介する番組内容で知られていたが、今年度からは西洋文学や最近のヒットソング、ヒット映画などにちなんだコーナーを展開。ツイッター上の視聴者からは「変わりすぎててショック受けた」と困惑の声が聞かれている。

  • 「にほんごであそぼ」大幅リニューアルに視聴者困惑(番組公式サイトより)
    「にほんごであそぼ」大幅リニューアルに視聴者困惑(番組公式サイトより)
  • 「のはーな」を演じるタレントの南野巴那さん(本人のインスタグラムより)
    「のはーな」を演じるタレントの南野巴那さん(本人のインスタグラムより)
  • 「にほんごであそぼ」大幅リニューアルに視聴者困惑(番組公式サイトより)
  • 「のはーな」を演じるタレントの南野巴那さん(本人のインスタグラムより)

「限界突破×サバイバー」「君の名は。」...現代文化も題材に

   「にほんごであそぼ」は2003年4月に放送を開始。俳句、歌舞伎、能楽、浄瑠璃など日本の伝統芸能を取り上げ、日本語表現の面白さを伝える教育番組だ。

   能楽師・野村萬斎さんや元大関・小錦八十吉(KONISHIKI)さんら著名人の出演で知られ、野村さんが披露した「まちがいの狂言」に出てくるフレーズ「ややこしや」は、お笑い芸人・なだぎ武さんが持ちネタにするなど人気を集めた。

   放送20年目に突入した4月4日から番組内容がリニューアルされた。テーマソングはギタリストの布袋寅泰さんが作曲した。番組の新たな仲間として、言葉遊びが好きな「のはーな」(演:南野巴那さん)が加わり、出演者の衣装も明るくカラフルになった。

   取り上げる題材も、日本の伝統芸能にとらわれないものになっている。

   初回放送の4日には米作家エリック・カールさんの絵本「はらぺこあおむし」を取り上げた。5日の放送では「限界突破」をキーワードに、出演者たちが限界突破の状態を表す言葉や動作を実践。エンディングでは、のはーなが氷川きよしさんの「限界突破×サバイバー」を歌唱した。6日には16年公開の映画「君の名は。」のタイトルにかけて、動物の絵に「君の名は?」と問いかけるクイズを実施。エンディングには映画主題歌「前前前世」(RADWIMPS)が流れた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中