2022年 5月 28日 (土)

ボクシング世界王座統一戦、村田の勝機は 識者は「最強」ゴロフキンのジャブ警戒

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロボクシングの世界ミドル級王座統一戦が2022年4月9日にさいたまスーパーアリーナで行われる。WBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳、36)がIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン、39)と拳を交える。

   世界ヘビー級統一王者マイク・タイソン(米国)が来日してリングに上がった88年、90年を超えるともいわれる国内最大規模のビッグマッチ。最後に手を挙げるのは村田か、それともゴロフキンか。J-CASTニュース編集部は協栄ジムの金平桂一郎会長(56)に勝負の行方を占ってもらった。

  • 村田諒太(編集部撮影)
    村田諒太(編集部撮影)
  • 村田諒太(編集部撮影)

全階級を通じて「最強」の称号をほしいままに

   村田とゴロフキンはアマチュア出身でアマ時代は世界のトップ選手として国際大会で活躍した。村田は12年ロンドン五輪のミドル級で金メダルを獲得しており、ゴロフキンは03年世界選手権ミドル級で優勝し、04年アテネ五輪ではミドル級で銀メダルを獲得している。

   両者のプロキャリアを比較してみると、ゴロフキンは43戦41勝(36KO)1敗1分を誇り、村田の18戦16勝(13KO)2敗を大きく上回る。

   06年にプロデビューしたゴロフキンに対し、村田は大学卒業後もアマチュアのリングに上がり続け13年に27歳でプロキャリアをスタートさせたこともあり、このようにプロでのキャリアに開きが出たが、世界王座を獲得してからのゴロフキンの戦績はすさまじいものがある。

   10年8月にWBA世界ミドル級暫定王座決定戦に勝利し暫定王座を獲得(のちに正規王者昇格)。その後、他団体との王座統一戦を含めて17連続KOで世界王座の防衛に成功し、18年9月にサウル・アルバレス(メキシコ)に敗れるまでWBA王座19度、WBC王座8度、IBF王座4度の防衛を果たした。

   全階級を通じて「最強」の称号をほしいままにしたゴロフキン。金平会長はゴロフキンの強さは力強く多彩な左ジャブにあると指摘する。豪快な倒しっぷりから強打のイメージが強いが、金平会長は「アマチュア経験が豊富で技術的に非常にうまい選手」と評する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中