2022年 5月 23日 (月)

W杯予選中の中国代表「毎日ナマコ」発言は「宣伝の一環」 地元報道、厚遇にネットで批判

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   中国サッカー協会(CFA)が代表選手による「ナマコ騒動」に関して見解を示したと、中国メディア新華社通信が2022年4月6日に報じた。

   同メディアは「中国サッカー協会は噂に反論している」などのタイトルで記事を公開し、代表選手の発言を巡る一連の騒動などについてサッカー協会のスポークスマンのインタビューを掲載した。

  • 中国主将・呉選手(写真:アフロ)
    中国主将・呉選手(写真:アフロ)
  • 中国主将・呉選手(写真:アフロ)

アジア杯優勝の女子代表はインスタント麺

   騒動の発端はW杯アジア最終予選真っただ中の今年2月上旬に代表主将・呉曦(ウー・シー、33)のインタビュー動画がインターネットで拡散されたことにある。複数の地元メディアによると、呉はインタビューの中で中国では高級食材とされるナマコを毎日食べていると発言したという。

   中国代表は2月1日に行われたW杯アジア最終予選でベトナムに1-3で敗戦。グループ最下位チームに初勝利を献上し、ファンのイライラが募っていた。

   これに加えてアジア杯(2月6日)で優勝した女子代表の待遇の悪さが発覚したことがファンを刺激したようだ。

   女子代表がアジア杯決勝戦の後にインスタント麺を食していたことが地元メディアによって明かされると、結果を伴わない男子代表が女子よりも厚遇されているとインターネットなどで批判の声が上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中