2023年 3月 28日 (火)

開幕2勝10敗...最下位低迷の日本ハム ビッグボスの起用に疑問も「これでは若手が育たない」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新庄剛志監督ことビッグボス率いる日本ハムがなかなか波に乗れない。開幕からここまで2勝10敗で最下位に沈んでいる。

   開幕3連戦のソフトバンクに同一カード3連敗を喫すると、本拠地・札幌ドームでも西武に2連敗。3月31日の同戦で6-2と今季初白星を飾ったが、続くオリックスに今季2度目の同一カード3連敗を喫した。

  • 新庄監督(写真:アフロ)
    新庄監督(写真:アフロ)
  • 新庄監督(写真:アフロ)

得点力不足は「想定内の事態」

   在京スポーツ紙デスクは、日本ハムの戦いぶりをこう分析する。

「投手陣は十分にやっていると思います。ドラフト8位右腕・北山亘基、高卒2年目左腕・根本悠楓、大卒3年目右腕・望月大希と将来が楽しみな若手が多い。

一方、打線はもう少し時間がかかるかなと感じます。万波中正、清宮幸太郎、今川優馬と楽しみな素材が多いですが、打撃は一朝一夕で結果を出せるほど甘くない。結果が出なくても我慢して使い続ける覚悟が首脳陣に必要でしょう。

ただ、これは想定内の事態です。昨年のシーズン途中に中田翔がトレードで巨人に電撃移籍し、オフに西川遥輝、大田泰示と主力の2選手も退団した。1軍での実績は少ないメンバーが大半の中、得点力不足を責めるのは酷だと思います」

   開幕12試合で計22得点。5度の零封負けを喫するなど、1試合平均約1.8得点では白星をつかむのは厳しい。

   レギュラーの白紙を公言しているビッグボスは打順を固定せず、毎試合のようにメンバーを入れ替えている。主力も例外ではない。昨年に侍ジャパンで東京五輪の金メダル監督に貢献した近藤健介も開幕戦は6番でスタートしたが、1番や2番、3番と様々な打順でスタメン起用されている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中