2022年 5月 22日 (日)

「子供の診察中にスマホ撮影しないで!」 親のマナー違反に小児科医が本音...「せめて確認して」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   子供の診察中に動画撮影しないで――。ある小児科医が投稿した、保護者へ向けた注意喚起がツイッターで注目を集めている。

   一方、ネット上では撮影が可能な旨を公表している病院もみられる。注意を呼び掛けた小児科医と、撮影OKをうたう病院の双方に事情を聞いた。

  • 写真はイメージ
    写真はイメージ
  • 写真はイメージ

「初回の予防接種時に特に多い」

   首都圏の病院で小児科医として勤務しているというツイッターユーザーのYzさん(@yzpedinvest)が2022年3月、

「診察中に動画撮影するのやめやがれください 生後2か月の初回の予防接種時に特に多い」

と訴えた。投稿は3000件近くリツイートされたほか、2万2000件の「いいね」を集めるなど注目されている。

   28日、J-CASTニュースの取材に答えた投稿者によると、診察を撮影する人を見かけるようになったのは5年前ごろから。最近は頻度が増している印象があるといい、動画の撮影が中心だという。

   撮影を禁止する理由についてはツイートで、「意図せず個人情報が入ってしまう可能性があることと職員のプライバシーを守るため」だと説明している。

   スマートフォンでの無断撮影が横行していることなどから、今回の注意喚起に至ったという。

   投稿を受けてツイッターでは「カメラまわす発想がなかった」「なぜ動画を録るのかよくわからない」といった反応が出る一方、予防接種時の動画や写真をSNS上で見かけたことがあるといった報告も寄せられている。

   Yzさんは撮影目的を把握できていないとする。しかし写真がFacebookに投稿されているのを目にしたことはあり、「禁止の周知をさらに徹底したこともあります」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中