2022年 5月 20日 (金)

中日・根尾昂は「最高のベンチ要員」? 「緊急時なら二刀流」で広がる首脳陣の選択肢

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   立浪和義新監督が就任した中日がしぶとい戦いぶりを見せている。開幕2カードを終えた時点では1勝5敗と出鼻をくじかれたかに見えたが、その後は広島に同一カード3連勝を飾るなど5勝1敗と立て直して6勝6敗のタイに。投手陣を中心に粘り強い戦いができている。

  • 根尾昂(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
    根尾昂(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
  • 根尾昂(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

岡林、石川は活躍も...

   昨年はリーグワーストの405得点と貧打が深刻だったが、今年は新しい戦力が躍動している。

   走攻守3拍子揃ったプロ3年目の岡林勇希は開幕から全試合スタメン出場し、打率.288、3盗塁と奮闘。1、2番でチャンスメーク役を担っている。19年ドラフト1位の和製大砲・石川昂也は打率1割台と試行錯誤が続いていたが、立浪監督は「7番・三塁」で我慢強く起用し続けている。

   何とかして期待に応えたい。4月5日のヤクルト戦(神宮)で同点に追いつかれた直後の8回に清水昇の145キロ直球を振り抜き、決勝弾となるプロ初アーチを放つと、7日の同戦でも6回に2号左越えソロ。自信を取り戻し、今後の活躍が楽しみだ。

   一方で、なかなか出番がないのがプロ4年目の根尾昂だ。オープン戦で打率.304と結果を残したが、スタメン出場は4打数無安打に終わった3月29日のDeNA戦(バンテリンドーム)の1試合のみ。代打で2試合出場して2打席とも四球を選んで結果を出しているが、ベンチを温める機会が多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中