2022年 5月 25日 (水)

ゼレンスキー氏への「中傷キャンペーン」日本でも 「薬物使用」偽情報が複数拡散

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は薬物依存症だとの趣旨のSNS投稿が、立て続けに拡散されている。

   いずれも合成などにより仕立て上げられた事実無根の内容で、政治的な意図を持った偽情報との見方もある。

  • エリオット・ヒギンス氏のツイッターより
    エリオット・ヒギンス氏のツイッターより
  • エリオット・ヒギンス氏のツイッターより

「トランス状態の動画をアップロードしてすぐに削除」

   「ゼレンスキー、自ら公開したビデオを削除。机上の覚醒剤が見えてしまったからだ」――こんなツイートが2022年4月20日に投稿され、約5000リツイートされている。

拡散したツイートの例
拡散したツイートの例

   ゼレンスキー氏が写った解像度の低い3枚のスクリーンショットが添えられており、執務机の一部が赤い丸で囲われている。直線に伸びた白い線を強調している。投稿者の書き込みと照らし合わせれば、ゼレンスキー氏が薬物を使用している場面を誤って公開してしまったと解釈できる。

   スクリーンショットの上部にも、中国語で「ゼレンスキー大統領が(薬物で)トランス状態の動画をアップロードしてすぐに削除された」と書かれていた。

   しかし、元の動画はゼレンスキー氏のインスタグラムで現在も公開されており、薬物を使用した痕跡は確認出来ない。白い線も、机の模様と写真立ての反射が合わさってできたものとみられる。

ゼレンスキー氏のインスタグラムより
ゼレンスキー氏のインスタグラムより
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中