2024年 4月 13日 (土)

「白井だけが悪くなるのはおかしい」 佐々木朗希に「詰め寄り」で物議の球審めぐり、球界OB持論

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロ野球西武、巨人でプレーした野球解説者のデーブ大久保氏(55)が2022年4月24日にユーチューブチャンネルを更新し、同日のオリックス対ロッテ戦でロッテ佐々木朗希投手(20)に詰め寄った白井一行球審(44)について私見を述べた。

  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

「白井はメチャクチャ真っすぐな昭和の審判」

   インターネットなどで物議をかもしたのは、2回オリックス攻撃の場面。2死1塁で2ストライクから佐々木が投じた外角ストレートがボール判定に。この間に1塁走者が盗塁を決めた。このプレーの後、白井球審はマウンドに詰め寄り、松川虎生捕手(18)が間に入って制止するシーンがあった。

   スポーツ紙などの報道によると、白井球審は試合後、この一件に関してはノーコメントとしたため佐々木のどのような行動、表情によってマウンドに詰め寄ったのかは不明だが、インターネットでは白井球審の行為を批判的に捉えるファンも見られた。

   大久保氏は動画の中で白井球審の人柄を「僕が知ってる限りで言うと白井はメチャクチャ真っすぐな昭和の審判です」と評した。

   白井球審がマウンドに詰め寄ったシーンについては「(松川が)審判をなだめながらちょっと前に入りながら行くという動きがあったから余計、白井が悪く見えちゃうんですよね」との見解を示し、佐々木の行動にも言及した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中