2022年 5月 22日 (日)

「守備固めになっていない」矢野采配にOB疑問 佐藤輝明の三塁→外野移動に「必要あるのか」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   プロ野球楽天の元監督で阪神OBでもある田尾安志氏(68)が2022年4月28日にユーチューブチャンネルを更新し、27日に甲子園球場で行われた阪神対中日戦を解説し、阪神・佐藤輝明選手(23)の起用法に疑問を投げかけた。

  • 阪神・矢野監督(写真:アフロスポーツ)
    阪神・矢野監督(写真:アフロスポーツ)
  • 阪神・矢野監督(写真:アフロスポーツ)

「サードの佐藤選手は非常にうまい」

   阪神は初回に1点を先制されるも2回、3回にそれぞれ1点を奪い逆転。1点リードの5回は1死2、3塁のチャンスに糸原健斗内野手(29)のショートゴロの間に3塁走者がホーム帰り1点追加。このまま2点のリードを守り3-1で勝利した。

   この日は先発・西勇輝投手(31)が6回5安打1失点の力投を見せ、リリーフ陣もこれに続き中日打線を7回から無得点に抑えた。タイムリーゼロ、4回にはトリプルプレーを喫しながらも投手陣の踏ん張りもあり逆転で2連勝を飾った。

   動画の中で田尾氏が疑問視したのは2点リードで迎えた7回の守備だ。矢野燿大監督(53)は先発の西に代えアルカンタラ投手(29)を起用。守備陣では3塁の佐藤がライトに入り、2塁の糸原が3塁の守備に。そして2塁には小幡竜平(21)が起用された。

   田尾氏は「7回の表。ここでタイガースは3対1でリードしているところで守備固めという形にするわけですけども、これに僕は疑問符を打っているわけですね」と切り出し、持論を展開した。

「サードを守っている佐藤に代わって糸原。そして佐藤をライトへ持ってくる。セカンドには小幡を持ってくるということでやってるわけですが、サードの佐藤選手は非常にうまいと思っているので、そこをあえて外野に持っていく必要があるのか。そういう気がしています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中