2022年 5月 29日 (日)

「200年に1人の天才ボクサー」亀田昭雄さん死去 元所属ジム会長が明かす「幻のビッグマッチ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロボクシングの元日本スーパーライト級、ウエルター級王者で世界王座に2度挑戦した経験を持つ亀田昭雄さんが死去していたことが、関係者への取材で2022年4月28日に分かった。享年65。

  • 亀田昭雄さん
    亀田昭雄さん
  • 亀田昭雄さん

無敗のまま日本王座獲得

   亀田さんは180センチの長身を誇るサウスポーで、アマチュア時代には全日本選手権で優勝するなど早くからプロのジムに注目されていた。大学中退後にミカドジムに入門し、その後、協栄ジムに移籍した。

   当時の協栄ジム会長の金平正紀氏(故人)は、亀田さんを「具志堅用高を超える逸材で200年に1人の天才」と称して売り出した。亀田さんは「200年に1人の天才」の謳い文句に違わず、サウスポースタイルから繰り出す左ストレート、右フックでKOの山を築き、プロ7戦目で無敗(全KO)のまま日本ウエルター級王座を獲得した。

   その後、日本王座を8度防衛して王座を返上。満を持して82年7月に世界王座に挑戦した。

   世界初挑戦の舞台は米シンシナティ。当時、史上最強と言われたWBA世界ウエルター級王者アーロン・プライアー(米国)に挑み、1回にダウンを奪うも2回以降プライアーの猛攻にあい6回TKO負け。天才ボクサーのプロ初黒星だった。

   敗戦から4か月後の82年11月に1階級下の日本スーパーライト級王座を獲得。同王座は5度防衛している。84年5月に東洋太平洋スーパーライト級王座に挑戦し4回TKO負け。10月のリターンマッチでは7回KO負けを喫した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中