2022年 5月 27日 (金)

「犬のおしっこ用ポール」なぜ設置? 他にも数々のペット用サービス...代官山T-SITE明かす導入背景

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   東京都渋谷区の商業施設「代官山 T-SITE」に設置された1本のポールが、インターネット上で大きな注目を集めた。

   地面に刺さった、ボタンを押すと水が流れる銀色のポール。上部には犬を描いた青いシールが貼られており、「このポールにおしっこをさせてください」と記されている。

   J-CASTニュースは設置したカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC、東京都渋谷区)に取材した。

(メイン画像)「代官山 T-SITE」
  • 東京都渋谷区の商業施設「代官山 T-SITE」
    東京都渋谷区の商業施設「代官山 T-SITE」
  • 犬のおしっこ用ポール(安野貴博さん提供)
    犬のおしっこ用ポール(安野貴博さん提供)
  • 東京都渋谷区の商業施設「代官山 T-SITE」
  • 犬のおしっこ用ポール(安野貴博さん提供)

「SF小説家の自分でも思いつかなかったガジェット」

   このポールは、SF小説「サーキット・スイッチャー」などで知られる小説家・安野貴博さんがツイッターで紹介したことで大きな注目を集めた。

   取材に対し安野さんは、2022年4月17日の昼過ぎに「代官山 T-SITE」を訪れ、ポールを発見したと明かした。当時、犬を連れて訪れたわけではなかったが、次のように感じたと述べる。

「SF小説家の自分でも犬のためのおしっこ棒(水洗)というのは思いつかなかったガジェットで、悔しいな! と思いました。撮影した日はちょうど『SFカーニバル』という日本のSF作家が多く集まるイベントが代官山で行われていたのですが、SF作家の間でも代官山の犬文化圏はたいへん評判になっており、このおしっこ棒(水洗)はまさにそれを象徴する品だなと思いました」

   ツイッターのリプライ欄にも「初めてみた!!」「さすがおしゃれな街代官山」と驚く声が寄せられた。安野さんの投稿は26日17時までに1万6000件超のリツイート、10万4000件超の「いいね」が寄せられている。

   SF小説家も唸る代官山の「犬文化圏」を作り出したのは、TSUTAYAの運営などで知られるCCC。「カルチュアを創り、編集し、提案するクラブ」を掲げる同社は、代官山 T-SITEについて、愛犬と一緒に訪れることができる工夫を施設全体に施しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中