2022年 5月 22日 (日)

拙守直後に交代→そのまま2軍へ強制送還 中日・立浪監督の「非情采配」は選手への親心か

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   中日・立浪和義監督も我慢の限界に達したのだろう。

   連勝が止まった2022年5月4日のDeNA戦(横浜)。試合の流れを手放したのは、遊撃・京田陽太の拙守だった。

  • 立浪監督(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    立浪監督(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 京田陽太選手(写真:松尾/アフロスポーツ)
    京田陽太選手(写真:松尾/アフロスポーツ)
  • 立浪監督(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 京田陽太選手(写真:松尾/アフロスポーツ)

京田は「もう不動の遊撃手ではない」

   0-0の4回。先頭打者・大和の二遊間に飛んだゴロにバウンドを合わせられず内野安打に。先発の岡田俊哉は続く嶺井博希に左越え2ランを浴びた。直後の5回。京田に打席が回ってくると、立浪監督は代打を送った。ベンチに下げた京田には試合中に2軍降格を命じ、名古屋に強制送還したという。

「立浪監督は京田を我慢強く起用してきたつもりです。打てなくても、遊撃の守備での貢献度を評価してかばってきた。でも最近は守備でも精彩を欠くようになり、覇気がないように映ってしまった。

本人は一生懸命プレーしているつもりだったのかもしれないが、見る側に伝わってこないとチームの士気にも影響する。京田は練習熱心だし、野球に取り組む姿勢は真面目だが、もっとガツガツしていいと思う。

遊撃のレギュラーを脅かす存在がなかったのも問題だったかもしれません。今回の2軍降格をどうとらえるか。もう不動の遊撃手ではない。ファームで自分を見つめ直してハングリー精神を養ってほしいです」(スポーツ紙記者)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中