2022年 5月 19日 (木)

完全試合逃すも「また今度にとっておきます」 大野雄大の試合後対応に感動の声「ドラゴンズの宝」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球中日・大野雄大投手(33)の人柄がファンの心を鷲掴みにした。中日の公式ユーチューブ動画が2022年5月7日に公開され、6日に行われた阪神戦(バンテリンドーム)の舞台裏に迫った。

  • 大野雄大投手(写真:AP/アフロ)
    大野雄大投手(写真:AP/アフロ)
  • 大野雄大投手(写真:AP/アフロ)

大野「ホンマにチームが勝って良かったの一言」

   試合は中日先発の大野が9回をパーフェクトに抑え、両軍無得点のまま0-0で延長戦に突入。大野は10回2死走者なしの場面で阪神・佐藤輝明内野手(23)に2塁打を許したものの後続を抑え無失点で切り抜けた。

   その裏に攻撃陣が奮起。1死満塁から石川昂弥内野手(20)のサヨナラ打で劇的勝利を飾った。大野は完全試合こそ逃したが、打者31人に対して120球を投げ1安打5奪三振の完封で今季2勝目を挙げた。

   動画は試合直後のベンチ裏の様子などが収められ、ロッカールームに引き揚げる大野が歓喜の雄叫びを上げながらチームメイトと喜びを分かち合うシーンも見られた。また、ヒーローインタビュー後にスタッフが大野を直撃し、試合の感想を求めた。

   大野は「ホンマにチームが勝って良かったの一言ですね。記録とかありますけど、そんなに簡単に達成できるものではないですし。それよりもひとつの勝ちといいますか、それがチームについたのでこれほどうれしいことはないですね」と率直に胸の内を明かした。

   そして惜しくも完全試合を逃したことに関しては「持ってないですね。間違いなく、大野雄大」と自虐的に振り返り、「打たれるなら佐藤選手だと思っていましたし、ホームランじゃなくて良かったなという球だったので。その後、大山選手を何とか打ち取れたのも良かったです。最後は僕の気迫を読み取って決めてくれたと思います」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中