2022年 5月 19日 (木)

マイク・タイソン、最強王者8年ぶり敗戦を実演分析 米メディア注目、ファン歓喜「もっとやって」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロボクシングの元世界ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏(米国、55)が2022年5月9日にインスタグラムを更新し、8年8カ月ぶりに敗戦を喫した世界スーパーミドル級4団体統一王者サウル・アルバレス(メキシコ、31)の敗因を分析した。

  • マイク・タイソン氏(写真:AFP/アフロ)
    マイク・タイソン氏(写真:AFP/アフロ)
  • マイク・タイソン氏(写真:AFP/アフロ)

タイソン氏「次の試合ではジャブを使え」

   「カネロ」ことアルバレスは22年5月7日に米ネバダ州ラスベガスでWBA世界ライトヘビー級スーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア、31)と対戦し、3-0の判定負けを喫した。アルバレスの敗戦は13年9月のフロイド・メイウェザーJr戦以来8年8カ月ぶり。

   タイトル戦を試合会場で生観戦したタイソン氏は、インスタグラムに「基本が巨人を倒す なぜビボルがカネロに勝てたのか」とのコメントを添え動画を投稿。タイソン氏は動画の中で独自の視点からタイトル戦を分析し、サンドバック打ちの実演を交えながらアルバレスにアドバイスを送った。

   ボクシング界のレジェンドによる現役最強王者への指南を複数の海外メディアが取り上げ、記事によるとタイソン氏は「カネロがジャブを効果的に使っていたら相手は入り込めなかっただろう」と分析し、「ビボルはカネロのジャブに気を配ることを必要としなかったのでより積極的、攻撃的になった」と語った。

   また、タイソン氏は「次の試合ではジャブを使え。ジャブを使えば違う展開になる」とアドバイスを送った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中