2022年 5月 19日 (木)

原巨人5連敗も投手陣に同情論「あの守備陣では...」 ウォーカーが「足を引っ張る形になった」

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   白星が遠い。巨人が2022年5月10日のDeNA戦(新潟)で1-3と敗れて今季ワーストの5連敗。先発の山崎伊織が初回に3点を失うと、坂本勇人、吉川尚輝を欠いた攻撃陣も反発力がない。得点は3回1死二、三塁から丸佳浩の二ゴロの間に返した1点のみ。4安打のみとつながりを欠いた。

  • 原辰徳監督
    原辰徳監督
  • 原辰徳監督

「ウォーカーの守備が足を引っ張る形に」

   最近10試合で1勝9敗。計23得点で1試合平均2.3得点と貧打に苦しんでいる。先制点を許して主導権を握られると苦しくなる。初回の3失点が重くのしかかる結果になったが、スポーツ紙記者は山崎に同情的な見方を示す。

「左翼・ウォーカーの守備が足を引っ張る形になりました。初回無死満塁で牧秀悟の浅い左飛で三塁走者のタッチアップを許したが、もっと後ろから勢いをつけて捕球しないと力のある送球が投げられない。その後のソトの左中間に飛んだ2点適時打もウォーカーの一歩目の出足が遅いので捕球できなかった」

   ウォーカーと右翼のボランコは守備に難があるため、他球団は積極的に次の塁を狙っている。安打性の打球が二塁打になり、二塁に走者を置いた場面では前進守備でも相手球団の三塁コーチャーは積極的に本塁へ突入させる。もちろん、巨人の首脳陣も両外国人の外野守備がウィークポイントであることは理解しているだろう。ウォーカーとボランコの打力に期待を込めて起用しているが、プラスアルファが大きいかというと疑問が残る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中