2022年 5月 23日 (月)

ちむどんどん・比嘉家は「金銭感覚おかしい」?! 借金続発でツッコミ...「お金問題」を振り返る

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2022年度前期のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に対し、ヒロインの家族をめぐって「金銭感覚がおかしい」と指摘する声がインターネットで上がっている。

   ドラマは沖縄に住むヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜さん=25)が上京し、料理人を目指すというストーリー。2022年5月13日の放送では、暢子が劇中の1972年5月15日(沖縄本土復帰の日)に東京へ1人旅立つ場面で終了した。これまでは沖縄を舞台に実家で生活してきたが、その実家・比嘉家の人々のお金にまつわるシーンが数々描かれてきた。

  • 黒島結菜さん(写真:2019 TIFF/アフロ)
    黒島結菜さん(写真:2019 TIFF/アフロ)
  • 黒島結菜さん(写真:2019 TIFF/アフロ)

長男・賢秀の放蕩ぶり

   ヒロインの実家・比嘉家は母・優子(仲間由紀恵さん=42)に長男・賢秀(竜星涼さん=29)、長女・良子(川口春奈さん=27)、次女・暢子、三女・歌子(上白石萌歌さん=22)の5人家族。第2週(同週まではヒロインの幼少期を描くため子役編)となる第6回に父・賢三(大森南朋さん=50)の死去後、一家は住居や家業のサトウキビ畑の購入の際に作った借金に苦しめられる生活を続けざるを得ず、一時は暢子を親戚に預けるという話まで持ち上がった。

   その子役編が終わり黒島さんらが出演する第3週以降、長男の賢秀の放蕩ぶりが目立つようになった。働きもせず、日々ぐうたらと過ごす賢秀は第19回で、怪しい投資話に借金をしてまで大金をつぎ込み、その結果、全額を持ち去られてしまった。その「ダメ男」ぶりは放送回が進むごとに加速。情けない姿に対しては、「賢秀ヤバ過ぎだろう...。コイツのせいで、借金地獄じゃん」といった声がツイッターに上がるなど、視聴者からの目線は厳しい。しかし、賢秀の放蕩ぶりを「増長」させているとも言える存在がいた。母・優子である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中